JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2310
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

賃借人が自殺、保証人になっていない別居中の妻に多額の違約金を請求されています。 支払いの義務があるかどうか? ま

質問者の質問

賃借人が自殺、保証人になっていない別居中の妻に多額の違約金を請求されています。
支払いの義務があるかどうか?
またヤクザまがいの脅しで請求をしてきますので、どのように対処したらいいか、
教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
賃借人の自殺による違約金等は相続債務として、奥様に相続されています。
そのままでは負担する義務が発生しますので、
相続する財産がないようでしたら、相続の開始(賃借人の死亡)を奥様が知った時から
3か月以内に賃借人の最後の居住地の住所を管轄する家庭裁判所に対して
相続放棄の申述をすればよろしいです。
やくざまがいの取立ては違法性が高いと考えますから、
止めるように要請し、それでも止めない場合は、警察にご相談されるとよろしいでしょう。
相続放棄申述が受理された後に相続放棄申述証明書を発行してもらい、
賃貸人側に簡易書留などで通知すればよろしいです。
それで義務は一切発生しません。
以上ご参考頂ければ幸いです。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問