JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2634
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

9年前に新築した住宅(木造3階立て)の外壁を塗装しています。ベランダを支える梁の下のボードが割れてるのではがしてみた

質問者の質問

9年前に新築した住宅(木造3階立て)の外壁を塗装しています。ベランダを支える梁の下のボードが割れてるのではがしてみたら、水の侵入によりかなり腐っていました。梁のみならず家本体の構造上大切だと思われる(大まかに家の形は直方体)角の柱まで腐れているようです。(梁を支える横の柱が角の柱から突き出ている)現時点では詳しく内部は見られない。このままでは安心して住めません。どのようにすればよいでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
ご相談のケースですと、住宅の構造耐力上主要な構造部分或いは雨水の浸入を防止する部分の瑕疵である可能性が高いように思われます。
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)94条(請負契約)または95条(売買契約)により、
住宅の引渡しから10年以内であれば、事業者に対し修補請求及び損害賠償請求が出来ると考えます。
9年前ですと既に品確法が施行されていますから、
請負契約書または売買契約書にも品確法に則った瑕疵担保責任についての特約の記載があると思います。
事業者に連絡をして契約書または品確法に基づく修繕請求をするとよろしいでしょう。
すぐに連絡をされた方がよろしいです。
以上ご参考頂ければ幸いです。
dueprocessをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
設計事務所との契約書はあるのですが、施工した大工さんとは契約書を交わしていません。この場合どうなりますか?
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
契約書の内容次第なのですが、まずは設計事務所に連絡をして、
建物に重大な瑕疵があり、品確法に基づく修繕請求をしたいと相談するのがよろしいでしょう。
おそらく件の設計事務所が一次請けという形で施工を大工に発注したのではないでしょうか。
以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.
設計事務所ではなく、馴染みの大工さんに頼みました。契約書は交わしていません。と言うか、大工さんと契約書を交わさなければならない事さえ知りませんでした。
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
なるほど、そういう事でございましたか。
仮に契約書を交わしていなかったとしても、品確法が適用になる事には変わりはありません。
大工さんに対し品確法に基づく修繕請求をする事となります。
以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

この場合、設計事務所にも責任を問えますか?それから、もし話し合いがこじれて、裁判になった時にはどうなりますか?

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
http://www.city.saga.lg.jp/contents.jsp?id=35516ご返信ありがとうございます。

>この場合、設計事務所にも責任を問えますか?

契約書の内容から件の設計事務所が新築建物の建築工事の請負人と認められるか
または今回の瑕疵が明確に設計ミスによるものであれば責任を問う事は可能であろうと考えます。

>それから、もし話し合いがこじれて、裁判になった時にはどうなりますか?

こじれる事が予想されるのであれば、初めに弁護士にご相談されて対応を決めるのがよろしいでしょう。
相手方も弁護士からの交渉であれば最初から素直に応じる可能性が高まると考えます。

またこちらのサイトでのフォローには限界がありますから、
弁護士に依頼するしないに関わらず、一度契約書と現在の被害状況をまとめて対面でご相談される事をお勧め致します。

佐賀市では自治体主催で弁護士による無料相談も行っているようです。
http://www.city.saga.lg.jp/contents.jsp?id=35516

また佐賀県弁護士会主催の相談窓口(窓口によって有料もあり)もございます。
ご利用をご検討されてはいかがでしょうか。
http://www.sagaben.or.jp/consulting/counter/

以上ご参考頂ければ幸いです。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問