JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

現在5年半、賃貸マンションに住んでいますが去年の6月に契約満了につき貸主の諸事情で更新す ることができないか

解決済みの質問:

現在5年半、賃貸マンションに住んでいますが去年の6月に契約満了につき貸主の諸事情で更新す
ることができないから、退去してほしいとの手紙が来ました。その契約満了日が、今年の6がつです。そのケースでは、退去費用など請求できるものなのか教えていただきたくメールしました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  jo-ban 返答済み 2 年 前.
弁護士です。

立退料を請求できる可能性が高いです。

退去費用とはまた別のものですが、退去費用も十分にまかなえる額になることもあります。

貸主の事情というところがポイントなのですが、
やむを得ない事情なのであれば立退料は請求できません。
しかし、多くのケースでそういうことはなく、貸主の一方的な事情であることが多いです。

今後の方針としては、
・退去は基本的に拒否(くれぐれも同意しないように)

・退去してほしいなら金を払ってくれ、と請求

・相手の提示を待つ

といった具合です。

交渉に不安を感じるなら、弁護士を頼ってください。

なお、立退料の具体的な金額について気になると思いますが、これは算定できません。
賃料、建物の古さ、家族の人数、貸主(借主)の年齢などなど他にもたくさんのすべての事情を考慮する必要があるからです。
jo-banをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問