JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 ファイナンシャルプランナー(CFP)
71156846
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

1か月後に結婚式を控えているのに明白な理由もなく,男性側から婚約破棄を告げてきた。現在住んでいる賃貸住宅の解約届けを

質問者の質問

1か月後に結婚式を控えているのに明白な理由もなく,男性側から婚約破棄を告げてきた。現在住んでいる賃貸住宅の解約届けを既に提出しています。再びこのまま居住したい場合,賃貸契約を復活するのに問題はありますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたします。
賃貸借契約復活についてのご質問ですが、
多くの賃貸借契約では、一定期間前に解除の申し入れするようになっており、それで解除できるとされていると思われます。
解除の申入れは、撤回できない(民法540条2項)ですので、原則撤回できません。しかし、貸主が同意すれば何ら問題ありませんので、賃貸借契約を継続できるかは、相手方が、同意するかにかかっています。
そこで、賃貸借の継続を望むのでしたら、とにかく、早期に、解約申し入れを撤回して賃貸借を継続したい旨相談して下さい。
貸主の方で、すでに新賃貸人が決まっているなどの事情がなければ多くは受け入れてくれると思われます。
ご検討下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
こちらこそありがとうございます。
終了後の評価をお願いいたします。
fplawyerをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問