JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 ファイナンシャルプランナー(CFP)
71156846
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

賃貸マンション明け渡し時の敷金精算について、床の線傷は精算しませんがへこみは床の張り替えになるので敷金で精算しますと

解決済みの質問:

賃貸マンション明け渡し時の敷金精算について、床の線傷は精算しませんがへこみは床の張り替えになるので敷金で精算しますと言われました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
本件では、そもそも「傷」「破損」と言えるか、という認定の問題と思われます。
人が生活する以上、全く無傷ということはありえないので、賠償すべき「破損」といえるかは、生活する上で、通常生じうるものといえるか、賠償しないと、賃貸物件としての価値が低下するものと言えるか等を考慮して、決定するのが適切と思われます。
なお、国交相のガイドラインでは、次のようになっています(裁判所も当該ガイドラインに従った判断をすることが殆どです)
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000020.html
家具の設置に伴う床のへこみは、貸主が家具を保有し持ち込むことが一般的な日本では、家具の設置は必然的で、そのへこみも通常生じうるものと扱われています。
ポスター等による、壁等の画鋲、釘穴も日常生活上、通常のことであり、通常損耗として、貸主負担です。
(ペット可能の場合、ペットによる傷は当然生じるものと考えられます。
人間も住む以上、傷を全くつけない、ということはあり得ないので、まさに生活上生じうる通常の傷と言えるかどうかが問題となります)
以上の様なガイドライン事例等との比較で、当該「破損」が、通常生じうるものの範囲かどうか、ということで決まると考えます。
さて、本件の対応ですが、本件では、写真等が見られませんので、断定出来ませんが、疑義がある以上、まずは、敷金による補填は拒否する旨回答してはいかがでしょうか。
その上で、支払いをしなくて良い、または減額でよい、等の回答があって(減額の場合は妥協案として)納得できればよいですし、相手も全く譲らない、という場合は、最後は裁判しかありません。
以上ご検討ください。
なお、ものを落としたことによる傷の場合ですが、ものを落とすことは日常生活では通常生じうることですから、一定の傷を生じさせるものではない限り、ものを落とすこと自体を回避すべき注意義務があるともいえないと思います。注意義務がないことはしなくても法的に責められませんので、賠償義務も負わないということになります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。

ご案内いただいたガイドラインを読みました。

床のへこみですが、ホットカーペットのコントローラー部分に体重がかかったことによりついた跡で、カーペットが動いたことにより何カ所か跡がついています。家具の移動による傷は借り主負担とあったのですが、カーペットが動いてついた跡の場合、過失や善管注意義務違反とされ、借り主負担になるという判断になりますでしょうか。

専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
回答いたします。
「床のへこみ」ですが、これも傷・破損の程度によると思われます(またその数)。
(申し訳ありませんが、このような文字のやりとりの相談では、傷の程度がわからないので判断できません)
賠償すべき程度に大きい破損といえるということを前提にした場合、
その原因がコントローラーに体重をかけた(踏んだ)ということですと、過失ありだと思います。
現実の状態を見て、たいした傷ではないとお考えでしたら、
まずは、傷・破損がたいしたことはなく、そもそも生活上通常生じる傷にすぎず賠償すべきものではない、という立場で協議をするということでもいいと思います。
fplawyerをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問