JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

土地を貸しています。プレハブ的な建築物を借り手がたて、昨年末に契約を解除したいと申し入れ有、契約書通り、更地にしても

解決済みの質問:

土地を貸しています。プレハブ的な建築物を借り手がたて、昨年末に契約を解除したいと申し入れ有、契約書通り、更地にしてもらえば、問題ないのですが、借主は、下記の条件を持ち出してきて困っています。どうすればいいのでしょうか。
その土地は、12年ほど前に、残土が捨てられていた、土地でしたが、相手が、それを除去して、貸してほしいと、いわれ、私が100万円負担しました。
 条件① この2月末までに、建物は、壊し更地にするが、もともと残土処理の費用が、180万円
      負担したので、そのうち100万円を、今回、支払えとのこと。
    ②それが、できなければ、更地後に、当初のように、残土をもるよにする。
私は、契約当初、残土を除去するに、100万円負担したのに、今になり、昔のことで、嫌がらせされているなら、訴訟でも、起こす気になっていますが、いくらぐらいかかるものか。なお、それ以外にいい方法ないでしょうか? なお相手は、工務店をしていて、75歳になり、今仕事は、なさそうで、廃業する用です。賃料は、月6万円で貸しています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>その土地は、12年ほど前に、残土が捨てられていた、土地でしたが、相手が、それを除去して、貸してほしいと、いわれ、私が100万円負担しました。
 条件① この2月末までに、建物は、壊し更地にするが、もともと残土処理の費用が、180万円負担したので、そのうち100万円を、今回、支払えとのこと。
    ②それが、できなければ、更地後に、当初のように、残土をもるよにする。
→物権的請求権の行使でしょうが、質問者が100万円負担するいわれはなかったと思います。
今回の請求も不当請求に近いものですので、のむ必要はまったくありません。

 土地明け渡し訴訟を提起するのが一番早いのですが、「貴殿の不当請求に応ずるいわれはない。契約書にしたがって●月●日までに土地を更地にして明け渡せ、その実行がなされない場合は、土地明け渡し訴訟を提起する」旨を内容証明郵便で通告書を送付してください。

★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものあらず。
質問者: 返答済み 3 年 前.

2~3月に土地を明け渡すといっているので、それを待つべきか、昨年12月末で、相手は、契約を解除すると、言っているので、2~3月を待たずして、土地明け渡し訴訟をする旨の内容証明郵便で通告書を送るべきでしょうか?
なお、言い忘れましたが、6年ほど前に、相手は自己破産した人です。ただし


住所から判断して自宅一戸建てに住んでいるようです。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 3月を待たずに訴訟通告をしたほうが効果的でしょう。

 
★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものあらず。

質問者: 返答済み 3 年 前.

訴訟になって、明け渡しに、おおじない場合の先は、どうなるのでしょうか?


相手に対し、法的に、どのような判決が予想されるのでしょうか?建物が


差し押さえられて、相手の所有権利がなくなるのでしょうか? 私は、どう心づもりしたらよいのでしょうか?


 


民事裁判としての調停でしょうか?。お互いの妥協点を見出すのでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
明け渡せとの判決求める、という請求の趣旨になりますから、勝訴の場合はそのような判決内容です。あとは強制執行をかければよいでしょう。

 土地明け渡しとその土地上の家屋所有権の有無とは関係ありません。

 調停は調停前置主義といって、訴訟する前に提起するものですが、本件は逆に判決を求めているのですから、調停の必要はありません。
★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものあらず。
 
kionawakaをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問