JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

田んぼの年貢についてお聞きしたい

解決済みの質問:

田んぼの年貢についてお聞きしたい。25年の年貢を年末振り込んだ所先日23.24年の年貢を頂いていないと言って着ました。昔から現金で払ったり振込みしたりしています。領収書はありません。そして今日になって19,20,21年分も頂いていないといっています。22年は振り込んでいます。自分では払った覚えありますが昔から領収書の催促は一回もしてい無いので憤慨していますが19,20,21年分も払わなくてはいけませんか?


返答まだでしょうか?


 

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.

1年以内の定期に支払われる債権である地代の消滅時効は5年間です。(民法169条)従って19年の分は時効にかかっているようです。20年以降の分は支払う必要があります。

 

pote888をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


5年間は分かっています。専門的にお聞きしたいのは、26年に言ってきたのだから21年までは時効でないのかな・・・?と思うのと22年に振込みしているのに何故そのとき言わないのかな?と思います。私は本当に払っているし、昔から信用で領収書頂いていない付き合いです。すみません。ご返答下さい

専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.

消滅時効の起算点と時効期間の満了点について、年によって期間を定めている場合のその期間は歴に従って計算しますので、21年分は22年1月1日より始まり、時効満了は26年12月31日となります。

20年分については25年末日で時効満了となっていますが、地主の請求が何時なされたかにより微妙なところと考えます。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問