JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 315
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

当社が所有する倉庫をとある企業に賃貸契約を結び貸していました。その企業が先月末に突然倒産しました。そして11月1日か

質問者の質問

当社が所有する倉庫をとある企業に 賃貸契約を結び貸していました。その企業が先月末に突然倒産しました。そして11月1日からは管理する弁護士さんと話をしてくれと言うのですが、
賃貸の家賃に関しては前払い契約になっており、11月分を10月末に支払うような契約です。
そして原状復帰のめども全くたっておりません。債務者の代わりに弁護士さんが債務者の財産を管理すると言っている以上、当社としては倉庫を弁護士さんに不当に占拠されている状態だと思うのですが、賃貸家賃を弁護士さんに請求する事は可能なのでしょうか?
宜しくお願いします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.

不動産の賃貸借より生じた債権には先取特権が認められています。

この先取特権は不動産の賃借料その他賃貸借の関係から生ずる債権について認められ、債務者の動産から支払ってもらえる権利です。先取特権の目的となる物には、賃借人が建物に備えつけた動産について認められますので、動産の差し押さえをすることができます。また、敷金がある場合には家賃の滞納分に当てることができます。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問