JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 956
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

賃貸事務所契約期間満了時に更新をしない場合の事前告知義務についてお尋ねいたします。 1:契約書では12月31日

解決済みの質問:

賃貸事務所契約期間満了時に更新をしない場合の事前告知義務についてお尋ねいたします。

1:契約書では12月31日で3年間の賃貸契約の期間が満了。
1:契約書では借主の解約権は解約の申し入れをした日から6ケ月の経過後。
1:契約約款では更新を希望する場合は3ケ月前までに申し出ること。

私は3ケ月前の9 月30日までに更新の意志を表明しませんでしたので、これをもって更新はしないことの告知にあたるものと考えていました。

ところが10月31日付けで契約更新のご案内(更新料等の請求書)が届きました。
書面では、
1:解約・契約内容の変更は11月30日までに連絡すること、
とございました。

私は11月1日に電話で、更新はせずに契約満期をもって退去する旨を告知しました。

管理をしている不動産会社の担当社員は契約期間の終了にはかかわらずに、退去するときは6ケ月前の告知が必要であり、その分の家賃が発生すると言いました。

この件につきまして、アドヴァイス等ございましたらお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.

ご質問者様がお見込みの通り、通知が必要となるのは、
1.中途解約をする場合 →6ヶ月前
2.更新を希望する場合 →3ヶ月前

となっており、更新を希望しない場合には取り決めがありません。
従って、特段期間経過後も引き続き利用を希望すると誤認させるような
通知や以来をしていたような場合など、特段の事情がない限りは、
期日である12月31日をもって賃貸契約は終了します。

従って、ご質問を拝見する限り、違約金等が発生することはありません。

houmuをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問