JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

ご質問させていただきます。 アパートの立退きについてです。 今年の6月に不動産会社を通して借りているアパートを大

質問者の質問

ご質問させていただきます。
アパートの立退きについてです。
今年の6月に不動産会社を通して借りているアパートを大家より6ヶ月以内に立ち退いてくださいと連絡がありました。(家賃 月/74000円)
8月がアパート更新だったので更新料(家賃1.5ヶ月分)は免除となり12月31日までに退去することとなりました。いろいろ見ますと6ヶ月前までの通達であれば問題ないようで特に反論はしませんでした。
立退きの理由ですが、築30年経っており外観が酷い、借りて8年経過しており中や床下のリフォームも必要であろう、また入り口のドアも汚いので全体的にリフォームしたいのが理由です。
部屋を 作為的な壊し方などをしてなければ敷金を返却すると約束いたしました。
こちらも大家、不動産屋と揉めるつもりはなく引っ越し代、立退き料などは請求いたしませんでした。
昨日、引っ越しが完了し、大家と不動産屋立ち会いの元部屋のチェックをいたしました。
事前に壁に穴が開いてることを不動産屋に告げると、不動産屋も大幅リフォームと聞いていたようで壁に穴が開いてたり傷があってもリフォームするのだから問題ないでしょうと、言っておりました。
ところが、8年間綺麗に使っており(タバコも吸っておりません)自然に汚れた程度だったので
それほど汚れておりませんでした。部屋を見た大家が綺麗だから中は壊れてるところを直せば、と言い始めました。壊れてる部分は敷金で充当するとのことです。破損箇所は天井と壁の一部です。
リフォームするから立退けと言われたのに退去後、敷金で破損箇所を直し、また人を募集するのでは普通に引っ越したと同じことです。当方も納得出来ず全面リフォームするのではないか?と聞いた
ところ、外側しか見ていない、中は貸した後は今日が初めてなので綺麗だと思わなかった、と言われる始末です。不動産屋もそれはおかしい、今回は立退きなので本来なら引っ越し費用、向こう6ヶ月分くらい家賃、引っ越し先の敷金礼金くらいは請求されてもおかしくない、と大家に反論してくれました。見解の違いになるのでその場は収めましたが、後日不動産屋を通じて掛かった費用の明細を提出すると言って帰っていきました。
こちらとしては立退き要求されて、揉めたくないので慰謝料的なものも請求しなかったのにバカにされたような気分です。今からでも引越し代くらいは請求できるのでしょうか?また、敷金から引かれた
リフォーム代等、泣き寝入りしなくてはいけばいのでしょうか。
別にお金が惜しいわけでもなく、正直者がバカを見るような心情的なことで質問させていただきました。
長文失礼いたしました、よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>リフォームするから立退けと言われたのに退去後、敷金で破損箇所を直し、また人を募集するのでは普通に引っ越したと同じことです。当方も納得出来ず全面リフォームするのではないか?と聞いた
ところ、外側しか見ていない、中は貸した後は今日が初めてなので綺麗だと思わなかった、と言われる始末です。不動産屋もそれはおかしい、今回は立退きなので本来なら引っ越し費用、向こう6ヶ月分くらい家賃、引っ越し先の敷金礼金くらいは請求されてもおかしくない、と大家に反論してくれました。

 

→このように前に発言したことと矛盾することを後で発言することは、禁反言(コラテレル・エストッペル)の原則・信義則違反といいます。債権法を支配する大原則です。不逞やろうです。とりあえず敷金返還請求と引越し費用、引越し先の敷金・礼金は請求できるでしょう。

 

 ※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

kinokawa様


 


お返事ありがとうございました。遅くなりまして申し訳ございませんでしたそこまでしたくはなかったのですが、そちらも考えてみます。ただ、承諾してしまった後から出来るか疑問でした。


ありがとうございました。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
承諾の意思表示というのは撤回も可能ですので、なるだけ自分に不利にならないようにされたほうがよいでしょう。ましてや承諾後に新たな事情が生じているのですから。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問