JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 313
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

四日市市小古曽1丁目土地に、甲貸主と乙借主の間で立ち退きか、もしくは半分土地を買取かで話しています。 乙は、こ

解決済みの質問:

四日市市小古曽1丁目土地に、甲貸主と乙借主の間で立ち退きか、もしくは半分土地を買取かで話しています。

乙は、ここに60年前に家を建ています。

借地権割合は、40%です。

一般的な取引として考えたとき、立ち退きとき及び買い取りの場合それぞれどのような金額で処理すべきでしょうか?

よろしくお願いします。

中村幸夫
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.
一般的に借地権割合が40%ということは、借主40%、貸主60%となりますので、立ち退き料は更地価格の40%相当額となり、借主が買取る場合は更地価格の60%が一応の目安となります。通常、住宅地での借地権割合は60%から70%が多いのですが、路線価を確認されていますでしょうか。
pote888をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問