JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

借地土地代が3年間未納です、何度手紙を出しても返事がありません。何年も空き家ですので、住める家ではありませんが、職業

質問者の質問

借地土地代が3年間未納です、何度手紙を出しても返事がありません。何年も空き家ですので、住める家ではありませんが、職業が大工ですので、定年後は自分で改築して住む気望があるようです。どう対応すべきでしょうか。アドバイスをお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

質問者様としてはどうしたいのでしょうか。

ルートとしては、
①あくまで地代を支払ってもらいたい

②地代の不払いを理由に賃貸借契約を解除したい

に分かれると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

できれば、


①あくまで地代を支払ってもらいたい


を希望しますが、できなければ、
②地代の不払いを理由に賃貸借契約を解除したい


現在相手は定年後なので、無職かもしれません。


日曜日ごとに、家の修復をしています。「先ず、地代を払ってから修復をしてください。」と何度も手紙をだしましたが無視して家の修復をつずけています。


まず、調停でしょうが、裁判も考えています。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
わかりました。

いきなり裁判の方がいいと思いますよ。
調停は、言ってしまえばただの話し合いです。
相手が出てこなかったらそれまでです。

それよりは裁判にして、
相手が欠席した場合に判決が出るようにしておいた方がいいでしょう。

・賃貸借契約の成立
・賃貸借契約の内容
・未払いがあること
・何度も通知を出していること
を主張できれば、ほぼ勝てます。

定年して無職となると、支払われる可能性は低そうですね。
割り切って明け渡しを求めた方がいいかもしれません。
3年も滞納していたものを、今になって支払えるとも思えません。

前もって、
「*日以内に未払い賃料を支払わない場合、解除いたします。」
という内容の内容証明郵便で催告をしておいてください。
こうしておいた方が解除するのには無難です。

内容証明→訴訟提起、といった流れをとることになるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

土地貸借関係は約70年以上になりますが、契約書はありません。


宅地使用料は約25坪で年数万円で、その年の12月31日が年1回支払期限です。以前5年間未納だったことがあります。


借主は現在別の住所に住んでいますが、弁護士さんなどから家の修繕を中止してもらうことはできませんか?


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
契約書がなくても、それだけの長期間土地を使っていたことは賃貸借契約以外ありえませんし、賃料の支払いが一部はあったのですから、争点にはならないでしょう。
問題なしと考えます。

修繕の中止は難しいですね。

あくまで賃貸借契約は存続している限りは、大改修以外は自由です。

やはり、解除予告をして解除してしまった方がいいと思います。
その後であれば、修繕の中止を求めることは可能です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

家の回りに脚組みを作り、青ビニールシートを張り数箇所の屋根の雨漏り修繕をしています。大改修にはなりませんか。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
その程度では、許される範囲ですね。

もっと建物の性質を変えてしまうくらいの修繕が禁止されています。
jo-banをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

追加の質問です。ケースバイケースと思いますが、弁護士さんに上記の件を依頼したら、費用、裁判判決までにかかる期間はどれくらいになりますでしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
かかる期間は、相手の対応次第です。

素直に支払っていないことを認め、話し合いがすぐにまとまれば3ヶ月程度で終わります。
もし相手が何らかの争いをしてくるようであれば半年~1年といったところでしょう。

費用ですが、着手金30万、成功報酬も同額といったあたりが相場でしょうね。
もちろんこれは弁護士によって異なりますから、個別にお問い合わせた方が無難です。

借り主に対する契約の解除自体は、2~3週間もあれば可能ですよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
がんばってください。
いつまでも損をしていてはいけないと思います。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問