JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

ご相談させてください。 さいたま市在住です。まだ未契約ですが、分譲マンションの賃貸契約を考えております。 新築で

解決済みの質問:

ご相談させてください。
さいたま市在住で す。まだ未契約ですが、分譲マンションの賃貸契約を考えております。
新築でいい物件(家賃200000円 敷金礼金各2ヵ月、うち敷金1か月退去時償却)なのですが、契約にあたり、いくつか気になる点がありまして、
不動産やさんに足元を見られているように思いますので、質問させてください。
①仲介手数料1か月分とありました。
 これは、借主の承諾がない場合、半分でいいとの敷金鑑定士協会のHPでみましたが、どうでしょうか?
②償却1か月分というのも、通常に使用しているならそれほどかからないかと思いますが、特約としてついている場合、これをのまなければならないのでしょうか・
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.

ご質問の通り、特に合意がない限り、借主から受け取れる仲介手数料は
原則として0.5ヶ月分が上限であり、合意があれば1ヶ月分まで受け取れる
ということになっています。
つまり、現在の段階では、不動産屋さんが上限の1ヶ月を受け取りたいという
前提で、その合意を求めてきている状態だと考えればよいでしょう。
あとは、条件交渉の問題になります。

礼金や敷金というのは、周辺相場を見ながら、(不動産屋のアドバイスは当然
入りますが、)家賃と同様基本的に家主さんが決定し、家主さんに支払うものです。
但し、実態としては、敷引や礼金が不動産屋に支払われる金銭と連動ことも多くあります。
例えば、借主からは仲介手数料として家賃の1ヶ月分を受領し、売主からは広告料
などの形で1-2ヶ月分の手数料を受け取るということがされる場合があります。
(仲介料は前述のとおり制限がありますが、広告料等その他の費用を請求することに
ついては、貸主との合意さえできていれば、制限はありません。)

見方をかえれば、不動産屋として収益率の高い物件だからこそ、是非契約を

成立させたいと考え、店頭の目立つ場所に掲示されたり、問い合わせに対して優先

的に提示されたりしているわけで、今回ご質問者様の目に止まったといういいかた

もできます。

不動産屋さんで提示される諸条件というのは、上記のような事情も含め、あくまでも
貸主側の希望条件に過ぎませんから、敷金でも家賃でも交渉は十分可能です。
不動産屋さんには、依頼を引き受ける義務はありませんから、人気物件であれば、
ならこの物件の仲介はしません、と断ることもできますし、依頼を受けてからある程度
時間のたっている物件であれば、譲歩してでも契約をまとめたいと考えるでしょう。
また、値引き交渉を前提として、高めで最初から提示されている場合もあります。

houmuをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問