JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 30
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

昨年の9月に京都で事務所を借りて営業しているのですが、 本年3月16日にビルのオーナーの会社が倒産し10月末まで管

質問者の質問

昨年の9月に京都で事務所を借りて営業しているのですが、
本年3月16日にビルのオーナーの会社が倒産し10月末まで管財人の管理の元で営業活動していましたが、11月に入札により新しいオーナー(不動 産屋)が選出されました。
先週、第一回目の話し合いが有り年末までに立ち退いて欲しいと要請がありました。
①契約期間は、来年の9月まで有ります。
②家賃の滞納は一切有りません。
③商圏としては、最高の立地条件です。
ただ、競売になれば3月末に強制退去となります。
立ち退き料を貰って退去するのが得策と考えています。
どのくらいの立ち退き料を請求したらいいですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
当方は司法書士です。

確認させてください。
この新オーナーは競売でこのビルを取得したのでしょうか?それとも破産管財人から買ったのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
破産管財人から購入したものです。  



質問者: 返答済み 5 年 前.
破産管財人から購入したものです。  



専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
任意売却により購入したようですね。

そうなると、ご質問事項の「競売になれば3月末に強制退去となります。」というのはどういうことでしょうか?
オーナーチェンジであれば通常は賃貸借契約を引き継ぎますが、この点説明会での説明はありませんでしたか?
それとも退去しない場合は、破産管財人との売買契約を解除し競売するという条件になっているのでしょうか?
もしわかるようであればこの点も教えてください。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問