JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 313
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

大型ショッピングセンターに約40年前に建物底地としてに賃貸しています。40年前の賃貸借契約書には建物老朽化及び倒産の

解決済みの質問:

大型ショッピングセンターに約40年前に建物底地としてに賃貸しています。40年前の賃貸借契約書には建物老朽化及び倒産の時の、建物の撤去費用負担についての文言がありません。土地を売却したいと思いましたところ、購入希望者より、もしもの時の為に建 物撤去費用として月々に分割でも良いから保証金を積んでもらったら購入できるとの事でした。40年前の契約には、撤去費用の事は触れられていません。先日借主に原状復帰の文言を入れて契約更新してほしいとお願いしたところ、却下されました。ちなみに建物が建っている土地の広さで負担金を按分したら貸主の負担が三千万円位になりそうです。常識的に考えると、旧借家法が生きているという事でもらえないのでしょうか?撤去費用は借主の負担であると思われますが、相手にされそうもありません、なんとか良い方法はありませんか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.

40年前の土地賃貸借契約は(旧法)借地法が適用されます。

建物の老朽化や賃借会社の倒産により合意解約された場合は、賃借人は建物を撤去して更地を賃貸人に返還することが原則です。ただし、合意解約をする場合に解約の交渉と同時に建物撤去費用について話し合われることが通常ですので、交渉の場で了解を得ていくことになると考えます。

建物の老朽化による借地権の消滅は建物全体がもはや構造上の意義を失った場合のことですので、ショッピングセンターの様な営業施設の建物では、建物が老朽化してきた段階で、賃貸人に承諾を得て、大修理か建て替えをするでしょうから、現実の問題として建物の老 朽化を原因として借地権の消滅はほとんどないといってよいでしょう。また、賃借会社が倒産したような場合は、借地契約の解除に伴う建物の収去と土地の明渡しを求める裁判を提起し、確定判決を得て強制執行の申立をすることになりますが、その場合、建物の撤去作業は代替執行手続きで、判所所が行うことになり、その費用は貸し主が立て替えて支払うことになります。その後、借り主会社から回収することになりますが、事実上不可能となりますので最終的には貸し主の負担となります。考えられる方策としては、借り主に建物撤去費用相当額の保証金を入れてもらい、信用ある保証人を立ててもらった上で、その保証人に対し、賃料の不払い等があったときの保証金の管理処分権を付与すると共に借地権が解除されたときの建物撤去義務を課すことを公正証書にすることで、土地の明け渡しを円滑にすることができると考えます。賃借会社と更なる交渉が必要と考えます。

質問者: 返答済み 4 年 前.


お答えいただきまして有難うございました。質問の仕方がまずかったかもしれません、保証金の分割受領も選択肢にありますが、(旧)借地契約の下では、なすすべはないのでしょうか?弁護士さんに交渉依頼する価値はあるのでしょうか?その辺をお聞かせいただければありがたいです。

専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.
(旧)借地法の適用される借地契約の更新は旧借地法が継続されますので、その借地契約が終了した場合は、借主には民法上、原状回復義務があります。その点を契約更新の際の契約書に明記することを弁護士等に交渉依頼する価値はあると考えます。
pote888をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問