JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

すいませんが、今回だけの相談でもいいですか?

質問者の質問

初めてネットで質問させていただきます 私は48歳です。


田舎の70過ぎの両親にバリアフリーの家を建ててあげたく、土地を探しています


長年住んでいる土地のためか余り遠くへは無理なようで、近所に宅地がありどうしてもその土地が欲しく、土地の地主は地元の私達なら売ってもいいと言ってくれていますが、現在そこにはよそから越してきた70代くらい?の夫婦が住んでいます。聞くところによると家賃も滞納していたようですが、この頃は何とか支払いをしているようです。


地主さんに何回か、土地を欲しい人がいるということで、出てもらうように交渉してもらったのですがなにせ、地主さんが70代の女性で甘くみられているようでまったく出ようとしません。


かれこれ1年前から交渉しています。地主さんの兄とも一緒に交渉に行っていただいたようですが、気難しい夫婦で、出て欲しいなら、準備金と住むところも探してくれと自分たちは全く出て行こうとする気配もないです。生活するには便宜がよく、何とかしてとの土地から出てもらいたいのですが1年待ちました。法律で解決するしかないと思い宜しくお願いします


ちなみに地主さんは私の姉と同級生の母です。


 


 

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
司法書士のgyoenlegalと申します。
他の専門家の方がお答えになっていらっしゃいませんでしたので、もう遅いかもしれませんがこういった場合の一般的 な処理の回答をさせて頂きます。

回答を作成するにあたって教えていただけますでしょうか?

・地主さんの土地に立っている建物はどなたの所有でしょうか?
・70代の夫婦と契約されたのはいつごろで契約書は存在しておりますでしょうか?
・現在のところその夫婦の滞納は解消されているのでしょうか?
・地主さんは金銭的な賠償はお考えでしょうか?

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.


おはようございます。


返答が遅くなり大変申し訳ありませんでした


さっそくですが、建物は地主さんの所有です。


確実ではありませんが、4年位住んでいるようです


契約書まではわかりません。


滞納については、ちょこちょこ支払しているようですが、すべて解消されたかは確認できていません


金銭的な賠償までは考えてはいないと思います。


情報が少なくすいませんが、一般的にどうなのか教えていただければ幸いと思います

質問者: 返答済み 4 年 前.


おはようございます。


返答が遅くなり大変申し訳ありませんでした


さっそくですが、建物は地主さんの所有です。


確実ではありませんが、4年位住んでいるようです


契約書まではわかりません。


滞納については、ちょこちょこ支払しているようですが、すべて解消されたかは確認できていません


金銭的な賠償までは考えてはいないと思います。


情報が少なくすいませんが、一般的にどうなのか教えていただければ幸いと思います

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

契約内容が分からないので何とも言えないところですが、一般の賃貸借契約で多い更新ありの建物賃貸借契約が締結されている前提で情報の限りでご説明いたします。

家主からの立ち退きを求めることは可能ですが、借主がそれを拒否した場合、正当な事由がないと裁判上立ち退かすことができないとされております。
建物が借主の生活の基盤になっており、それを保護しなければ いけないという考えによるものです。
では正当な事由は何かというと、
①貸主、借主の双方が建物の使用を必要とする事情
②建物の賃貸借に関する従前の経過(賃貸料の有無、用途違反)
③建物の利用状況及び建物の現況(老朽化など)
④財産上の給付(建物の明渡しを条件として提供する立退き料)
とされております。

これが満たされていれば、平たく言うと立ち退かせてもOKということになります。

では本件ではどうかというと、老朽化が著しいものではなく、賃料が遅れがちとは言え、信頼関係を破綻させるほどの遅れではないくらいだと、やはり立ち退き料など金銭的な補償を多めにして①、②、③の要件を補う必要かあると存じます。
ですので、現状で金銭賠償をお考えでいないのであれば、お話合いの上で時間をかけて出ていってもらうというお話をせざるを得ないと考えます。

わからない点があれば、評価の前に必ずご返信くださいね。
gyoenlegalをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
司法書士のgyoenlegalです。
回答についてご理解いただけましたでしょうか?
わからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、お気軽にご返信ください。
宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


参考にさせていただき、検討したいと思います

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご評価ありがとうございます。
疑問点やわからない点がございましたら、いつでもお気軽にご質問くださいね。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問