JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員
67515089
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

賃貸契約は借主(会社)、貸主(個人)の場合、会社はゴム印と代表者印 個人は実印とサインを必要とすると思うのですが

質問者の質問

賃貸契約は借主(会社)、貸主(個人)の場合、会社はゴム印と代表者印 個人は実印とサインを必要とすると 思うのですが、個人の直筆サインは必要なのでしょうか?様式を作って会社は代表者印で個人は実印で良いのでしょうか? また、最長何年契約なのでしょうか?


個人の承諾なしで実印のみの契約は出来るのでしょうか?

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
ご相談いただきまして、ありがとうございます。行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 

 賃貸役契約は要式契約ではありませんから、契約書がなければならないわけではありません。ただ、契約を締結したことの証拠を残し、後のトラブルを防止するためには、契約書を作成します。

 >人の直筆サインは必要なのでしょうか?様式を作って会社は代表者印で個人は実印で良いのでしょうか? また、最長何年契約なのでしょうか?

 上記観点からは、当事者がその意思で契約を締結したことが推認されればよく、必ずしも直筆サインが必要ではないでしょうが、要式においてフルネームは印字しておきましょう。もちろん、できれば、直筆サインがあることが好ましいといえます。

 代表者印についても同様のことがいえます。

>また、最長何年契約なのでしょうか?

賃貸借契約の存続期間は最長20年ですが、その後の更新も可能です。

(賃貸借の存続期間)

【民法604条】
①賃貸借の存続期間は、20年を超えることができない。
契約でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は20年とする。

②賃貸借の存続期間は、更新することができる。ただし、その期間は、更新の時から20年を超えることができない。

回答として納得いただけましたでしょうか。一助にしていただけたら、幸いです。

納得いただけたら、「承認」をお願いします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

代表者印と実印を押して契約してあっても、どっちかが相手の意思なしで一方的に作成した契約書は無効と言う事ですか?

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

>どっちかが相手の意思なしで一方的に作成した契約書は無効と言う事ですか?

相手の同意を得ることなく勝手に契約書を作った場合を想像していただくとわかる思います。

偽造という犯罪にもなり得ます。

契約は双方の意思が合致して初めて成立するわけです。

 

契約書が無効というよりは、契約が成立しない、ということです。

 

なお、相手方が同意しているならば、契約は成立しています。契約書は証拠にずぎませんから、(それでも重要ですが、)過度に気にする必要はありません。代表者印や実印が押してあれば、十分です。

 

混乱させてしまったかもしれません。申し訳ありません。

rikonnsouzokuをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

回答として納得いただけましたでしょうか。一助にしていただけたら、幸いです。

納得いただけたら、「承認」をお願いします。

追加質問も受け付けますので、よろしくお願い申し上げます。

補充回答も、「承認」後に行いますので、遠慮なくおしゃってください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

今回質問の流れですが、私は現在取締役1名(私)、従業員3名程の会社社長をしています。10年前父が経営する個人事業所を法人化する事によって
私が代表(出資率50)、父が取締役(出資率10)として会社を立ち上げました。土地建物は父名義で賃貸借契約書はないまま相互の合意のもとやってきました。ただここ3年、賃料は支払われてます。(その前までは未払い)


設立後1年で父はある理由により取締役を辞任しました。父はその後個人事業主として私の会社から仕事を受けやってきました。その父と最近親子関係で口論となり私が幾度にわたって謝罪したにも関わらず、許してもらえず 私を9月いっぱいで追い払い自分が代表者になるとの事を言ってきたのです。それはまさしく会社を廃業に追い込む事を意味します。私は今まで10年間父の協力もあった事は事実ですが、私自身も努力もしてきた結果、


金融機関、客先にも信用をもらい落ち着いてきた時の矢先の事です。


この場合、父でり地主であり大家である父が私を追い払う事が出来るのでしょうか?もちろん私の承諾なしで会社外の人が会社の取締役を辞任、解任できないと思います。ただ大家であり地主である父がその権力を行使してきた場合、対処する方法はないのでしょうか?もちろん賃貸借契約書はありません。何か良い方法があれば御教示願います。


 


 


 


 


 


 

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 

前の質問とは内容が異なる追加の質問ということでよろしいでしょうか。

 

ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

 基本的には、土地建物の明け渡し請求があったときにどう対処するか、です。

 

 訴訟になった場合、3年間賃料を支払った以上、賃貸借契約が存在することは、裁判官が垂仁してくれると思われます。証拠は、なにも賃貸借契約書だけでは、ないということです。

 また、賃貸借契約の更新を拒絶する、大家つまり賃貸人から立ち退き請求をするには、正当な事由が必要とされています(借地借家法第28条)。

 正当な理由があることを、相手方が証明することとなります。

 ただ、

>土地建物は父名義で賃貸借契約書はないまま相互の合意のもとやってきました。ただここ3年、賃料は支払われてます。(その前までは未払い)

 10年前から賃貸借契約を締結したということになれば、7年間は賃料を支払っていないということになりますから、債務不履行で契約を解除し、立ち退きを迫られてしまうこととなるでしょう。

 この7年間は使用貸借契約(無償)であり、3年前から賃貸借契約にした、そして、更新拒絶はできない、という形で、対抗できるかもしれません。

 申し訳ありませんが、私ではお答えできない領域ですし、具体的な事情を弁護士に聞いてもらい、相談されたほうが賢明です。

 3年間は賃料を支払っているわけですし、法律構成次第では、対処する方法がないわけではないように思います。弁護士の腕次第でしょうか。

 法律相談の上、法的紛争になったときには依頼することを予定して、弁護士をさがしておくことをお薦めいたします。

 拙い回答ですが、一助にしてくだされば、幸いです。あまりお力になれずにすみません。

 

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

修正

 

裁判官が垂仁⇒推認

質問者: 返答済み 5 年 前.

1回目の質問はよく理解出来たのですが、2回目は専門外という事で詳しい回答を得られる事が出来ませんでした。でも ありがとうございました。

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

了解しました。こちらこそ、ありがとうございました。

 

回答権を放棄してありますので、他の専門家の先生からの回答をお待ちください。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問