JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 313
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

不動産賃貸で重要事項説明書では解約の場合は1か月前にできる。となってたのですが、契約書には解約は3か月前にすること。

解決済みの質問:

不動産賃貸で重要事項説明書では解約の場合は1か月 前にできる。となってたのですが、契約書には解約は3か月前にすること。早く出る場合は3か月分の家賃を払う事。となってました。また契約期間は2年間とし、それ以前に解約する場合は1か月分の家賃を違約金として払う事と契約書には書いてあるのですが、重要事項説明書には記載されてません。1年で解約しようとしていますが、重要事項説明書の通りだと思い、解約するときにあらためて契約書をみて気づいたところです。契約書をよく読んでいなかった私も落度はあるとは思いますが、何か方法はないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.
契約書の内容と重要事項説明書の内容が異なっている場合は、重要事項説明義務違反となります。仲介業者にその旨を主張して善処しないようであれば、その業者の所在する都道府県庁の不動産業指導課に相談する旨、伝えれば、業者は不動産取引業免許の指導監督をする役所には弱いところがありますので、効果があります。
pote888をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問