JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員
67515089
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

はじめまして。私は、個人で事務所を営んでおりますが、今月の7月23日に、不動産より電話があり、「大家が10月末までに

解決済みの質問:

はじめまして。私は、個人で事務所を営んでおりますが、今月の7月23日に、不動産より電話があり、「大家が10月末までに出てくれって言ってるから」と言われました。理由を聞くと「壊して建て直すんじゃないか」と曖昧な返事があり、「営業しているから同じ条件の物件でもないと難しいし、電話では何だから近々伺いますね」と言いました。後から知ったのですが、 このビルの隣にあった大きな酒屋の跡地を大手飲食企業が買収して、この貸しビルと反対側の営業中の飲食店にも立ち退くよう要請があったようです。
このビルで約9年ほど営業しております。移転となると数百万必要となりますが、そんなお金はありませんので、移転費、次の物件の敷金等を含んだ立退き料の請求をしたいと思ってますが、どのようにしたらいいのでしょうか・・・不動産に関する知識が乏しく・・・良いアドバイスをお願いしたくメール差し上げました。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 

ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

大家つまり賃貸人から立ち退き請求をするには、「正当な事由」が必要です。(借地借家法第28条)。

建物の老朽化が著しく、住めない状態であるならば、正当な事由があるとされますが、住める状態なのにもかかわらず、立ち退いてほしいのであれば、立退き料を支払う必要があります。

 

正当な事由の有無は、さまざまな事情からの総合考慮で判断されるのです。

立ち退き案件は、粘った者勝ちといったところがありますので、上記のような法律の構造を知ったうえで、立退き料をもらえるよう、粘り強く交渉してみるといいです。

 

まだ住めるはずです。立ち退きを求めるために必要な、正当な事由は、立退き料で補完する必要がありますよね。などと、こちらもある程度の知識があることをにおわせると態度が変わるか場合があります。

 

諦めて早く立ち退いたら、その後に残った者に立退き料を支払っていたということもよくあります。

 

あなたには賃借権があるのですから、簡単に諦めないようにしてください。

 

回答として納得いただけましたでしょうか。一助にしていただけたら、幸いです。

納得いただけたら、「承認」をお願いします。

追加質問も受け付けますので、よろしくお願い申し上げます。

補充回答も、「承認」後に行いますので、遠慮なくおしゃってください。

rikonnsouzokuをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問