JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

現在のアパートに住んで15年目になりますが、大家さんの代理の方より、今年いっぱいに退去して欲しいとの 連絡を受けて

解決済みの質問:

現在のアパートに住んで15年目になりますが、大家さんの代理の方より、今年いっぱいに退去して欲しいとの
連絡を受けております。その大家さんの代理人お話では新たにこの土地を他の目的で使いたいとの話で、アパートの建て替えではないようです。近日中にその代理人と弁護士の方が説明に来るとの話になっています。
ここでお聞きしたいのは、その説明の日に当方から主張できる権利(敷金の返還や引っ越し費用)について
事前に知っておきたいと思っています。さらには、条件によっては、さらに追加で要求できる権利や費用について
教えていただければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。


質問者様のケースでは立退料を請求することができると考えられます。

立退料は、土地や建物の賃貸借契約において、賃貸人の事情等で土地や建物の明け渡しが必要な場合に賃貸人から賃借人に対して支払われる金銭のことをいいます。
借地借家法は、賃借人保護の観点から、期間満了や解約申入れなどの際にも賃貸人から賃借人への明渡請求を制限していることから、賃貸人から賃借人への土地や建物の明渡し交渉が円滑に行われるように金銭が支払われるようになったものです。

また、建物所有目的の土地や建物についての賃貸借契約では、契約の更新を拒絶する際には、「正当の事由」が必要となりますが、立退 料の支払いは、この正当の事由を補完する一つの要素と言われています。
 
では、立退料はいくらもらえるか、という事になりますが明確な基準はありません。ケースバイケースにより決められるようですが、だいたいの相場は現在の賃料の半年から一年分の金額になっているようです。
この立退料には、引越し代、新しい家を探すための仲介料、敷金、礼金、新しい家と現在の家の
家賃の差額保証、全て含まれています。

今の借りているアパートの敷金は全額返してもらえるように交渉しましょう。アパート立て替えをしないのであれば、原状回復する必要もないですからね。

相手方があまりにも安い立退料を提示してきても、すぐに応じるのではなくて自分の権利を主張しましょう。正当な権利ですから。相手も裁判となれば時間も費用もかかるため、なるべく避けたいと思っているはずです。質問者様の権利をしっかり主張して、新しい生活のために必要な
保証を手に入れてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

立退き料に引っ越し料やこれからの家のための敷金礼金を含むとありますが、別途現行の

敷金返金以外に、環境が急変することでの慰謝料(子供環境・通勤環境・近所付合い)など

の立退き料以外の費用請求できないのでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問者様のおっしゃる、「環境が急変することでの慰謝料(子供環境・通勤環境・近所付合い)」は、いわゆる「迷惑料」として立退料に含まれると考えられています。
立退きに関して家主や不動産業者から脅迫行為をされた場合、それとは別に慰謝料が認められた判例も存在します。
shihoushoshikunをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問