JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

お隣さんとの境界でもめています。 もともとあったところで、建物を壊して、新築するときに隣が境界が違うと言い出しまし

解決済みの質問:

お隣さんとの境界でもめています 。
もともとあったところで、建物を壊して、新築するときに隣が境界が違うと言い出しました。国勢調査の時には隣の認めのハンコを押しているのに、やっぱり違うと言い出しました。こちらとしては納得のいかない主張だったので、改めて相手側の言うとおりに境界を新しくしたいという相手の申し出を断りました。
そひたら、突然、勝手にこちらの敷地になっているところに、都合のいいように知らない境界石を植え込んだのです。抜くにも抜けず、警察に相談したら、勝手には抜いてはいけないと言われました。いったいどのようにしたら良いのでしょうか?アドバイスをよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司 法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。土地家屋調査士の資格も有していますので、アドバイスいたします。まず、お隣が勝手に境界杭を入れたからといって、その場所が境界として確定してしまうわけではありません。とはいえ、境界が確定していない場合は法務局にある「公図」や「地積測量図」などの資料を元に境界を確定していくことになります。現地に入っている境界杭も重要な資料となります。また、このまま境界杭を入れたままにしておき、何もしない なら「時効取得」を主張されてしまいかねません(主張できるのは20年後くらいになりますが)。しかし、警察が言うように、例え自分が考えているのとは違う場所に境界杭が入っていても勝手に抜いてはいけません。「境界毀損罪」という犯罪になります(刑法262条の2)。対処する方法は、やはりお隣とどの場所が境界になるかを協議する必要があります。ただ、個人間で話し合うのは中々難しい状況のようですので、近くの土地家屋調査士会に相談することをお勧めします。今は、いきなり裁判をすることなく裁判外で境界紛争を解決するための「境界問題相談センター」が土地家屋調査士会に設置されています。無料相談をしている土地家屋調査士会もありますので、気軽に行けると思います。裁判外の話し合いで、解決しなければ「境界確定訴訟」となるでしょう。いずれにしても、境界紛争はプロに介入していただいたほうが解決が早くなります。
shihoushoshikunをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問