JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

屋根の雪下ろしをしてなくて、屋根が歪んでしまい、約50万円修理にかかるので、25万円負担してくださいと言われましたが

解決済みの質問:

屋根の雪下ろしをしてなくて、屋根が歪んでしまい、約50万円修理にかかるので、25万円負担してくださいと言われましたが、一軒家を借りているのですが、借りている人も払うのが普通ですか?契約書 には、故意・過失により壊れたら借りている人が払うと書いていますが。屋根の雪下ろしをしなかったことは過失ですか?保険で払ってもらうわけにはいかないのか聞いたら、雪下ろしをしてなかったんだから、保険の免責されないみたいなことを言われました。借りて3年目で、前の年は雪下ろしをしました。今年は、雪下ろしを休みの日にしようと思っていたら、不動産屋さんが先に排雪を業者さんに頼んで雪下ろしと排雪をしていきました。そのお金も一部払いました。
お金がないから家を借りてるのに、修理費を払うなら買って住んでるのと同じだなあと思いまして。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

通常、北海道のような豪雪地帯の建物賃貸借契約には、「雪下ろし」の作業はどちらが するかという条項があるはずですが、書かれていないというのであれば珍しいですね。
大体の契約書では雪下ろしは「借主」の負担となっている場合が多いです。

しかし、契約書に明確に雪下ろしの条項がないとしても、質問者様が雪下ろしをしなかったため屋根が損傷してしまった場合、それが「善良なる管理者の注意義務違反」になることがあります。
「善良なる管理者の注意義務」というのは、その状況に応じて 社会通念上要求されると考えられる程度の注意義務をいいます。そしてこの義務を欠くと、債務不履行や不法行為に関わってくることになります。賃借人がこの善管注意義務に反して、つまり賃借人の「責めに帰すべき事由」(不注意、管理・使用方法が悪いなど)によって賃借物を汚したり壊したりすれば、賃貸人に対する債務不履行(決められた義務や約束を守らなかったこと)となり、賃貸人に対して損害賠償義務を負うことになります。
雪下ろしも、家を管理するために必要な作業ですのでこれを怠ると、借り主の責任を問われることになります。
ただ古い家ということですので、必要以上に頻繁に雪下ろしをしなければ屋根が歪んでしまうという事情があるならば「善管注意義務違反」となることはないので、通常の管理といえるくらい「雪下ろし」をしていたのであればそのことを主張してみましょう(近所の家と同じ頻度で雪下ろしをしていた場合)。

もし、あまり雪下ろしをしていないために屋根が損傷してしまったことがあきらかであれば、今回はオーナーさんが半分負担してくれるということですので、あまり争わない方が無難かと思います。

しかし、『今年は、雪下ろしを休みの日にしようと思っていたら、不動産屋さんが先に排雪を業者さんに頼んで雪下ろしと排雪をしていきました。そのお金も一部払いました。』とのことですが、これは不動産業者が質問者様に断りなく勝手に頼んだということですから、今後は自分が「雪下ろし」をするので勝手に頼まないように主張しましょう。今後どちらが「雪下ろし」をするのかを明確にしてもらうことも必要かと思います。

また、『家は古いみたいで、アリも結構出るし、天井の一部があながあいています。(いつから開いているのかわからず、まだ不動産屋さんには言っていませんが)』ということですが、あとでトラブルにならないように早めに不動産業者かオーナーに報告することをお勧めします。アリが生活に支障を与えるくらい出るのであればオーナー負担で駆除をしてもらうように言えます。天井の穴は質問者様があけたものではないことをしっかりと主張して、不動産業者やオーナーに見てもらったほうがいいでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問