JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

突然すみません、娘が3年間過ごした学生アパートのことで、ご相談します。7畳ほどの居室で、フローリングにカーペットを敷

解決済みの質問:

突然すみません、娘が3年間過ごした学生アパートのことで、ご相談します。7畳ほどの居室で、フローリングにカーペットを敷いてその上にこたつ(机兼用)と座イスで過ごしてい ました。ふと気がつくと、ちょうど座イスのした辺りが円形に黒ずんでいました。さわるとざらざらしていましたので、ワックスが十分機能していなかったのではと思います。布団を敷いて寝ていた辺りもうっすら黒ずんでいます。退去時に家主さんから床板全面張り替えを要求され、15万円の見積書が送られてきました。どのように対応すればよろしいのでしょうか。何分素人なので、このまま不動産屋さんに押し切られそうで不安です。よきアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

既にご存知かもしれませんが、その支払い義務があるか否かはそれが通常使用の範囲か否かによって決まってきます。

それが通常使用の範囲であれば支払う必要はありませんし、そうでなければ支払い義務が発生する可能性が高くなります。

 

この点については実際の現況や契約当時の状況などによってその判断は変わってきますので一概にはいえませんが、実際特別な事情により発生したものでなければ、やはり通常使用をご主張し、支払の拒否又は減額などご主張すべきかと存じます。

 

相手方はすぐに法的手段などちらつかせて交渉してきますが、実際に15万程度の請求で法的手段(裁判)など取ってくることはあまり考えられません(その手間など考えるとメリットが少いことが多いので・・・)。

 

ですので、白黒つけるために一切請求に応じず、実際に法的手段をとってきたときに訴訟に応じても良いですし(こちら側としても争ってみる価値もありますのでそれでも良いかとも思います)、お互いに歩み寄って示談で収めるというのも穏便な解決手段として検討できるのではないかと存じます。

 

既に述べたように、示談するにしても、このくらいの請求で相手方も強硬な手段は実際に取りにくいという事情を踏まえて(脅しはかけてきますが)、こちらも強気な姿勢で対応すればそのうち相手方も折れてくるかと存じますし、そもそもの請求金額についても相見積もりを取らしたり、またはご自分で業者を探して見積もり取ってみるなどすればこちらに有利な形で交渉もできるのではないかと存じます。

 

本当は専門家に代わって交渉してもらうのが一番良いのですが、それにもそれなりの費用が掛かりますので、今回のケースであればご自分で交渉するほうがよろしいかと存じます。

大変でしょうが頑張ってください!

 

kanekiyoをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問