JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

土地の更新料について教えてください。 今住んでいる住居は持家で、土地が賃貸です。今から20年前にも土地の更新料とし

解決済みの質問:

土地の更新料について教えてください。
今住んでいる住居は持家で、土地が賃貸です。今から20年前にも土地の更新料として150万ほど地主さんに支払ったそうです。そして今年3月末で20年をさらに迎え、また地主さんは何も言ってこられてませんが恐らく土地の賃貸更新料を支払わないといけないはずだと母が言ってます。そこで疑問がいっぱい生じました。 ①最低でも40年以上は地代という名の家賃を支払い続けているのにまだ高額な更新料を支払う必要があるのだろうか?②もし次の借地の更新をしないといけないなら20年ではなく、10年とか5年とかで区切って更新手続きをしたらダメなんだろうか?③万一20年や10年で更新手続きをしたとして、借地名義人の父が万一他界などしてしまった場合、名義人を変更してもそのまま20年なり10年なり更新料を支払うことなく住むことができるのだろうか?④地主との更新手続きにあたり、第三者(弁護士さんなど)を交えて手続きをしたほうがよいのだろうか?と言うことです。どこへ相談へ行けばよいかわかりません。よろしくお願いいたします。、
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

賃借期間が40年ということは旧借地法になりますので、建物が存続する限り、借地借家法6条で更新料を支払わないで、法定更新を選択すれば、借地契約は自動的に更新されます。更新期間は10年となります。地主が更新を拒絶するには地主には拒絶する正当事由が必要であり、借地人が引き続き土地を使用している限り、地主の更新拒絶は簡単には認められません。更新料についても過去の最高裁の判例でも借地人には支払い義務はないと判決も出されています。

 

相談先としては、借地借家人組合が全国各地にあります。

 

pote888をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問