JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

被災者再建支援制度により借主が補修名目で150万円を国から受け取りました。しかし、実際は大家の私が家の補修をして、約

解決済みの質問:

被災者再建支援制度により借主が補修名目で150万円を国から受け取りました。しかし、実際は大家の私が家の補修をして、約200万円を業者に支払いました。私は貸借人に150万円から経費を差し引いた金額の支払いを求めていますが払ってもらえません。法律上はどうなのでしょうか。教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
被災者再建支援制度で賃貸借契約の借主が受け取ることのできる金額は,50万円(家財の補償と解されます)のはずなのですが,どうして補修名目で150万円受け取ることができたのでしょうか?
内閣府のサイト被災者生活再建支援法の概要によれば,「一旦住宅を賃借した後、自ら居住する住宅を建設・購入(又は補修)する場合は、合計で200(又は100)万円」とありますので,そのためである可能性がありますが,そうだとすれば,自ら補修をしたのではない本件においては,借主の受け取ったお金は不当利得となり,実際に修補をした貸主は(貸主に修補義務があるので当然です),この者に対して求償することができると解されます。
ですから,,堂々と請求なさって下さい。
dresquireをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問