JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
office-oneに今すぐ質問する
office-one
office-one, 宅地建物取引主任者
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 21
経験:  大学卒
60334013
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
office-oneがオンラインで質問受付中

賃貸マンションに住んでおります。今月9月末に管理人から立退き(解約)の連絡がありました。内容としては水道

解決済みの質問:

賃貸マンションに住んでおります。 今月9月末に管理人から立退き(解約)の連絡がありました。内容としては水道管・配水管の総入れ替え水道の使用・排水が 出来ない事に加え、夜間の工事も予定しており生活するのが不可能と判断したためとあります なお、立退き期間は9月29に通知翌年3月31日までに退去完了との事です。 立ち退きの支度は進めておりますが恥ずかしい話、貯蓄があまり無いため引越し資金や引越し先の敷金・礼金の費用準備が退去までに準備できるか際どい状況です。 出来るだけ何とかしようと考えておりますが大家に費用の一部を負担してもらう事はできないのでしょうか?


 


 


追記:


補足に書いた契約書を現在探しております。


第何条とか条項書いただけでは詳細分かりませんね。申し訳ありません・・・

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  office-one 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。

契約書式の違いがあり、条文の条項が不明ですが、おそらく解除の条項だと思います。

貸主側からの解約申し入れは、時期は、自由ですが、正当な理由がなければならないとあります。(民法617条)

解約の効果は、申し入れから6カ月が経過したときに初めて生じます。(借地借家法27条)

したがって、今回の申し出は、正当な理由等に該当すると考えます。

立ち退き料等の支払いは、一般論として、賃貸人には、支払い義務はないのが普通です。

したがって、費用負担については、裁判所の判例では、双方の長年の利用状況や職業、年齢、家族構成、財産状況等の事情を考慮して判断されているようです。

そのようなことを考慮していただき、費用負担を申し入れすることは、可能ですので賃貸人と話し合ってみてください。

office-oneをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問