JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 投資・資産運用
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 投資・資産運用 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

はじめまして。ゴードン・S・マレーさんと云う人の書いた「投資とお金について最後に伝えたかったこと」という本を読んで質

解決済みの質問:

はじめまして。ゴードン・S・マレーさんと云う人の書いた「投資とお金について最後に伝えたかったこと」という本を読んで質問しています。この本ではインデックス投資を勧めていますが、具体的にどの銘柄を買えばいいのかわかりません。この本の巻末に、S& P500に連動するものを何パーセントとかファーマ=フレンチの米国大型割安株指数に連動するものを何パーセントとか、ダウ、ジョーンズ米国セレクトREIT指数も、米国株のインデックス投資の参考資料としてもあがっています。あと、非米国株や債権も取り入れてポートフォリオを創るよう勧めていますが、どの商品を買えば良いのか解らなくって困っています。よかったら教えてください!
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 投資・資産運用
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

インデックス投資とは、市場の動きを表す特定のインデックス(日経225、TOPIX、アメリカのダウ指数など)と連動した値動きを目指す運用方法です。

 

対比としてアクティブ運用がありますが、こちらは特定のインデックスの平均値を上回ることを、目指す運用方法です。

投資効率としては、一見アクティブ運用の方が望ましいように感じるかも知れませんが、アクティブ運用の場合は、インデックス運用と比較して手数料がかかるため、結果として効率の悪い投資となる場合が多いでしょう。

 

ポートフォリの考え方としては、株式と債券などの値動きの異なる組み合わせや、先進国と新興国の組み合わせなどを分散させて万遍なく投資することにより、リスクを減らすことができると考えます。

 

現在新興国とグローバル株式をお持ちとのことであれば、日本の株式に連動した商品や米国株式に連動した商品、国内債券、海外債券などに連動した商品を組み合わせられたらいいのではないでしょうか。

 

具体的には、SBI証券とお取引があるようでしたら、こちらを参考に組み合わせをされたらよろしいのではないでしょうか。

takatsukasaをはじめその他名の投資・資産運用カテゴリの専門家が質問受付中

投資・資産運用 についての関連する質問