JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 599
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

寮に入っている17歳の息子が体育の授業中に倒れ、けいれんを起こし一時心肺停止になりました。幸い担当の先生が、知識があり、

質問者の質問

寮に入っている17歳の息子が体育の授業中に倒れ、けいれんを起こし一時心肺停止になりました。幸い担当の先生が、知識があり、すぐに心臓マッサージや人工呼吸、EADを使った電気ショックなど、救急車が来るまでに脈は戻っていたようです。
カリウムの値が極端に低く、尿酸値も低いといわれました。不整脈が原因ではないか、でもその原因がわからないと、検査ばかりです。いままで、3回倒れたらしく、血圧が低くても、しばらく休んでいたら、元気になったそうです。ICUから救急病棟そして一般病棟に移りましたが、足から管を心臓まで入れて不整脈を起こさせて様子を見る検査を受けることになっています。原因究明より、不整脈が起きた時に電気ショックを起こす器械を皮下に埋め込む手術をどこの病院に行ってもそう言われますよ、と親の承諾をとる前に、手術の予約を取っていました。体中、点滴や採血の傷だらけで、今日も20か所以上、腕の血管から採血できないと、下腹部あたりの血管から採血しているのを見ました。原因が解らないとはいえ、検査のやりすぎではないかと、すべて説明を受けていないものも有るようで、息子が研究材料か人体実験の道具にされているような気がしてきました。今回の検査や手術は必要ですか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 1 月 前.

質問ありがとうございます。

さぞかしご心配な思いをされたかと思います。

>今回の検査や手術は必要ですか?

→これは必用な検査や処置であり妥当かと思います。

といいますのも、今回はたまたまAEDのある場所で、しかも人目がある場所で倒れたので、非常に運がよくすぐに蘇生がなされましたが、これが近くにAEDのない場所で倒れたり、誰もいない一人暮らしの部屋で倒れたりしたら、息子様は亡くなられる可能性が非常に高いからです。

人目があっても、AEDがなく、救急車が到着する数分の間に何もされなければ、たとえ蘇生されたとしても数分間脳に酸素が運ばれないだけで、それだけで脳に取り返しのつかないダメージが残ります。

しかも、これまで3回も倒れたことがあり、その原因も分かっていないのであれば、今後もいつ同じことが起こるかもわかりません。

電気ショックを起こす機械(除細動機能つきペースメーカー)を植え込んでおけば、もし今後不整脈で倒れて近くにAEDがなくても、すぐさまこの機械が電気ショックを起こしてくれて一命を取り留めることができます。

この機械を植え込まないということは、息子様にとっては、いつ自分が死んでしまうかわからないという不安をかかえたまま生活することになるもので、よほどの理由がない限り、この機械を植え込まないということにはならないと思います。

親の承諾を捕る前に手術の予約をとっていたのは、あとで万一ご両親が拒否すればキャンセルはいつでもできますが、パースメーカー植え込み術は毎日行てるものではなくいですので、手術室や術者が常にあいているわけではないので先に予約をとっておかないとどんどん先々になってしまうので、いつ不整脈がまた起きて心停止するかもわからない状況ですので、ご両親の同意が得られれば一刻も早く処置ができるようにという、タイムロスを少なくするための、むしろ好意で行ったことだと思います。

これだけ重大な出来事が起こっていおり、またこれまで3回も倒れたことがあるということですので、色々な検査をして心停止の原因を調べるのは、当然必要なことです。予防可能、治療可能な原因が見つかれば治療をしなければ息子様は安心して生活ができないでしょう。

むしろ情熱ある主治医だと思います。実際には、あまり熱意のない医師であれば、原因を探すこともあまりせず、原因は不明ですが、電気ショックを起こす機械を入れてますので、といってしまう医師もいるのです。

そう言われて退院になると、やはり原因が分からず、いつ何時どんなきっかけで自分が心停止するかわからない状況で生活するというのは、とても不安なものだと思います。実際に、そのような患者さんが、別の疾患で当方に元々かかっていて、退院後に報告に来てくださりおっしゃっていたのは、もっと原因を調べてほしかったのにほとんど検査もされなかった、と言っておられるのをきいたことがあります。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 1 月 前.

回答に対して疑問点や、最初の質問のうちまだ解決できてない点があれば返信機能を利用されてください。

回答に納得され、追加で質問することがなければ、回答に対する評価を画面上から行ってください。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 1 月 前.

その後お加減はいかがでしょうか?

回答に対して疑問点や、最初の質問のうちまだ解決できてない点があれば返信機能を利用されてください。

回答に納得され、追加で質問することがなければ、回答に対する評価を画面上から行ってください。

内科 についての関連する質問