JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

心電図の検査で「右脚ブロック」と言うコメントがありましたが、これはどういう状態のことを言っているのでしょうか。又、生活上

解決済みの質問:

心電図の検査で「右脚ブロック」と言うコメントがありましたが、これはどういう状態のことを言っているのでしょうか。又、生活上注意しなければいけないことがあるようでしたら教えてください。
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 9 ヶ月 前.

おはようございます。猫山と申します。

心臓は筋肉で出来たポンプですが、効率的に血液を送り出すためには、上から下に向かって、順序よく心臓の筋肉が収縮しなければなりません。

このため、心臓の中には天然のペースメーカーとも呼ぶべき洞結節、房室結節と呼ばれる部位があり、そこから発せられた電気信号が、「右脚」と呼ばれる神経を通じて心臓の右側に、「左脚」を通じて心臓の左側に、伝わり、心筋を規則的に収縮させていきます。

右脚ブロックは、この右脚の電気信号伝達が左脚に比べて遅れ、心臓の右側(右心室)の収縮が左心室よりも遅れる状態にあることを示す用語です。

http://www.cardiac.jp/view.php?lang=ja&target=rbbb.xml

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ただ、右脚ブロックは必ずしも異常所見ではなく、「生理的右脚ブロック」と呼ばれる、心臓に異常は無いが若干右心室系の動きが遅れている程度の状態は健診などで少なからず認められます。

心臓は左心室が全身に血液を送り出すメインのポンプで、右心室は全身から戻ってきた血液を肺に送り込むサブのポンプです。

左心室が健常である場合、右心室の収縮が多少遅れても心臓の機能には影響はありません。

相談者様が特に自覚症状を感じられておらず、健診などで右脚ブロックを指摘されたのであれば、そのまま様子を見ていて問題はありません。

動悸や息切れといった症状がある場合は、循環器内科で精密検査を受けられるべきでしょう。心筋梗塞、心筋症、弁膜症などの可能性も否定できません。

http://www.kochi-ms.ac.jp/~hsptl/kouhousi/yorozu/ban0725_1.html

右脚ブロックは生活習慣病ではありませんので、日常生活で気をつけることはありません。

自覚症状が無ければ、運動なども普通に行っていただいてかまいません。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問