JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんばんは。 69歳になる父が「軽い脳梗塞」ということで先日入院しました。 症状としては、右目の視界にブレがあり、物が2つにダブって見えるそうです。右目の動きはあまり良くなく、

解決済みの質問:

こんばんは。
69歳になる父が「軽い脳梗塞」ということで先日入院しました。
症状としては、右目の視界にブレがあり、物が2つにダブって見えるそうです。右目の動きはあまり良くなく、目の前で指を左右に動かしてもあまり良く目で追いません。
この症状は、治療やリハビリで改善するものでしょうか?
オススメの治療法、リハビリ法がありましたらご紹介いただけますでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

恐らくは動眼神経麻痺が起きているのだと思われますが……

少し補足情報を下さい。

①脳梗塞は脳のどの部位に出来たのでしょうか?

②「軽い脳梗塞」ということですが、それは梗塞範囲が狭いということですか?

③複視(物が2つにダブって見える)以外には症状はありますか?

④お父様はもともと高血圧、糖尿病、高脂血症といった、脳梗塞の危険因子となるような持病がおありだったでしょうか。あった場合、そのコントロールは良好になされていますか?

⑤「この症状は、治療やリハビリで改善するものでしょうか?」「オススメの治療法、リハビリ法がありましたらご紹介いただけますでしょうか?」というご質問に対する、お父様の主治医の見解を教えて下さい。

⑥お父様が脳梗塞を発症したのはいつで、治療開始はいつでしょうか。治療内容も教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生

お返事ありがとうございます。

①脳幹にできているそうです。

②…どういった意味で「軽い」と担当医師が両親に説明したのかはわからないのですが、両親は「症状が軽い」と受け取っているようです。

③複視以外の症状は特に目立ってないのですが、今日、検査したところによると若干右半身に比べ左半身の方が動きが悪いようだと言っていたそうです。

④高血圧、高脂血症、心房細動があり、薬を飲んでいました。

⑤特に主治医は今後の目の回復については触れていないようです。

⑥今月14日(先週の木曜日)の朝に視界がブレて歩けないとのことで受診し、そのままMRIをとって脳梗塞と診断され入院しました。

入院したその翌日までは点滴をしていたそうです。点滴はほぼ水分だと父が言ってました(ごめんなさい、なんだかザックリで…)

それと血液をサラサラにして血栓を溶かす薬を服用したそうです。

あと、入院して数日は心電図をとってました。

今日、リハビリを始めたそうです。

リハビリの内容は、とにかく視界が悪い中で上手に物を見たり歩いたりする練習といった感じだそうです。

ですが、いつかこの複視を治したいというのが父の希望です。

ちなみに、都内在住です。 もし、通える専門の病院などがあれば、併せてご紹介いただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

しかし失礼ながら、相談者様ご自身、十分な情報を持たないままこのご質問をされている印象を受けます。
実際にお父様を診察できず、検査所見も拝見できないインターネット相談では文章で得られる情報が全てですので、十分な情報が得られない場合は十分な回答ができない場合もございます。

率直に申し上げて、現在のご質問文のご記載からではご満足いただける回答はできないと思います。

⑦このようなインターネット相談を利用する前に、お父様の主治医に同様のご質問をされて、説明を受けられ、可能・必要と判断されれば検査所見と紹介状を作成してもらい、病院も紹介してもらってそこを受診されるべきではないかと考えます。
特に主治医は今後の目の回復については触れていない」とはいえ、訊けば病状も含めて説明を受けられるのではないでしょうか。
どう思われますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生

ご返信ありがとうございます。

両親とは離れて暮らしているため、何ぶん、情報が両親伝いで…

直接主治医と話せていないので、私自身もどかしいのですが、

猫山先生がおっしゃったことを踏まえて、今日、父と電話が繋がったので改めて話を聞いたところ、

脳幹の右側に小さな脳梗塞があり、範囲はいたって小さいとのこと。

身体に痺れ等は一切なく、症状としては右目の複視だけです。

ただ、目を開けていると気持ち悪くなるし、複視のせいでふらついて歩くのも難しいそうです。顔を右横に向けて目線だけ正面にして見ると、焦点が定まる角度があると言ってます。

あれから毎日リハビリはしていますが、悪くなった目はあまり使わずに、とにかく、ふらつかずに歩けるようにしようというのが目的のようです。

父としては、悪くなった目をこのまま使わないと、ずっと良くならないのではないか? この目を良くするリハビリはできないのか?

後遺症としてずっとこの複視は残るのか?

もう車の運転もゴルフもできないのか?

…そんなことをずっと不安に思っているそうです。

主治医に聞いたところ、今入院している病院では目のことは良く分からないので、あと1週間ほど入院したら、眼科のある他の大きな病院を紹介します、と言っていたそうです。

先日、父に、自分と同じような症状から、目が治った例はないのか?

もし、治った例があるとしたら、その人はどんな方法で治したのか?

目を回復させるために積極的に取り入れる価値のあるリハビリや治療法はないのか?…そういったことをネットで調べられないかと頼まれ、

検索を繰り返しているうちに、

2年前に猫山先生がこちらで回答されていたページにたどり着いて、

ここに質問させていただいた次第です。

http://www.justanswer.jp/internal-medicine/85n3n-.html

こちらでは質問者の通院可能な範囲の、脳梗塞後の最新のリハビリを実施している医療機関のリンクを貼ってらっしゃったのですが、今はそういったご紹介もいただけないのでしょうか?

せめて、

私のような素人でも読んで分かるような資料や本などがあれば、

教えていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

少し込み入ったお話になると思います。

相談者様のご心情やご懸念、お知りになりたい点は重々理解いたします。
しかし、それに、(一般論として)お答えするにしても、かなりの文章量が必要です。
相談者様のご質問文には、あまりにも多くの「?」が付いているからです。

それだけのご質問に対して回答するための文章を書くにはかなりの時間を費やすことになるでしょう。

それは本業の隙間時間を縫って本サイトで活動している私どもにとっては容易はことではありません。

もしもこれ以上の回答をご希望の場合は、 追加サービス(サービス名:電話でのやり取り)のご利用をご検討いただければと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生

是非、追加サービスを利用し、お電話でご相談させていただきたいのですが、お送りいただきましたリンクをクリックしても、

文字化けしてしまっている上に、電話を希望するのタグをクリックしても、新しく同じページが開くだけで先に進めません。

もう一度、追加サービスへのご案内をいただけますか?

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

おはようございます。
追加サービスのご検討をいただきありがとうございました。

システムトラブルが起きているかもしれません。

当方から電話でのやりとりについてのチャンネルを開きます。

ちなみに本日はほぼ終日、電話での対応が可能です(あらかじめ時刻のすりあわせはさせて下さい)。

質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生
返信が遅くなり申し訳ございません。
お電話でのご相談ですが、今夜か明日の午前中、
もしくは月曜日の午前中でお願いしたいにですが、
猫山先生のご都合の良いお時間はありますか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

本日は外来勤務⇒そのまま当直ですので、対応が難しいかもしれません(時間が読めません)。

明日(24日)の10:00頃ではいかがでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい、大丈夫です。
では、10:00によろしくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
了解しました。

では、電話対応の申し込み、もしくは当方からの電話対応の提案の受諾をお願いいたします(明日10:00になってからでもかまいません(その方がいいかもしれません))。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
参考サイト
http://kaigopro-dojyo.com/?p=1894
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51118689.html
https://www.youtube.com/watch?v=MtmXgZk2K6M

電話相談の前に、ご覧になっておいていただけると幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

おはようございます。

私の携帯電話の番号です。

よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。ありがとうございます。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

先ほどはありがとうございました。
ちょうど、電話相談前にブログを紹介した清澤先生が江東区に開業されています。
http://www.kiyosawa.or.jp/

東京医科歯科大学の臨床教授であり、この領域の論文、著作もある方です。

  1. 江本博文, 清澤源弘. 半盲の病巣と対策、脳卒中による複視に対するリハビリテーション、脳卒中最前線、pp385-387、2009、東京、医歯薬出版
  2. 江本博文, 清澤源弘. 複視の対策、脳卒中による複視に対するリハビリテーション、脳卒中最前線、pp388-389、2009、医歯薬出版

まず、こちらを、セカンドオピニオン先の第一候補とされてみてはと思います。

また、東京医科歯科大学病院にも、「神経眼科外来」があります(そのメインスタッフが清澤先生なのですが)。
http://www.tmdu-ganka.jp/care/gairai_shinkei.html

基本的には、「神経眼科」において、この領域の専門的な治療が行われています。
例:http://www.tameike-eyeclinic.com/shinryou/ganka/syashi

ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生

先ほどはお電話ありがとうございました。

とてもわかりやすくご説明頂けて、本当に助かりました。

セカンドオピニオン先の情報もありがとうございます。

この情報を持って、今夜父に会いに行くのが楽しみです。

きっと父の回復への希望になると思います。

どうもありがとうございました!

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

内科 についての関連する質問