JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
レグルスに今すぐ質問する
レグルス
レグルス, 総合内科専門医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 141
経験:  平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
75922418
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
レグルスがオンラインで質問受付中

今度頸動脈のカテーテル手術することになりました 74歳男性 2年前心筋梗塞で救急車で運ばれ 緊急手術(カテーテルで

質問者の質問

今度頸動脈のカテーテル手術することになりました 74歳男性 2年前心筋梗塞で救急車で運ばれ
緊急手術(カテーテルでステンを入れ)しました 今度も同じだと思いますが 頸動脈(右)が80%詰まっている またもやもやしたものがあるとか よくわからないのですが手術中にこのもやもやが脳に飛ぶことはないのですか? 手術は8/12です 先生にお聞きしたとき 血管の上をしばって・・・
とのことですが よく意味が分からず うなずいてしまいました
どのような手術か教えてください  私は74歳の男性の妻です
よろしくお願いします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  レグルス 返答済み 2 年 前.
こんばんは、レグルスと申します。
カテーテルで手術という事であれば、ステント留置術と思われます。
頸動脈のステント留置術の適応は
頸動脈内膜剥離術に高いリスクを伴う患者さんです。
旦那様の場合は74歳ですが、心筋梗塞の既往がある事などから
総合的にステント留置術の適応になったものと考えられます。
(下のHPの中頃に適応になる場合が書かれています)
国立循環器病センターの頸動脈ステント留置術が書かれたHPです。
コピー&ペーストしてご覧ください。
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/brain/pamph72.html
どのような手術かは、図の4とその上に書かれた説明がわかりやすいと思います。
かいつまんでご説明しますと、
頸動脈の狭窄部位にカテーテルを通す。
狭窄部位の先(頭側)にフィルターを留置する。
狭窄部位を風船で広げる。
広がった部分に金属メッシュのステントを留置する。
最後に血栓や剥離した内膜などが付いている可能性のあるフィルターを回収する。
となります。
もやもやしたものとは肥厚した内膜やプラークのことと思います。
血管内に漂っているようなものではなく、血管に付着しているものとお考えください。
ですので、カテーテルを入れることですぐに剥がれたりすることはありません。
ご心配の合併症ですが、
一般的には、重症の脳梗塞が約2%の患者さんに、軽症の脳梗塞も約2%に起きています。
これらの発症率は外科手術(頸動脈内膜剥離術)とほぼ同じです。
という事ですので、術中に血栓ができて脳梗塞を起こす可能性はゼロではありませんが、
予防するためのフィルターを最初に入れていますので、
可能性は低いと考えて良いと思います。
不安なとことは術前に主治医にご質問された方が良いと思います。
お大事にどうぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
説明不足な点などございましたら「評価」をする前にご返信にてご指摘ください。
再度回答させていただきます。
マイナス評価をいただいた場合は、ご返信に回答出来ませんのでご了承ください。
オフラインの時はお時間を頂く場合がございますが、ご返信いたしますので少々お待ち下さい。
レグルスをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
レグルス先生ありがとうございました
とてもよく解かり主人も納得いったそうです 担当医にも説明受けましたが何のことか解からず
私どもの方から聞くことも出来ませんでした これで納得して手術受けることができます
本当にありがとうございました ウメオカ
専門家:  レグルス 返答済み 2 年 前.
お役に立てたようで安心いたしました。
何かありましたら、またご相談くださいませ。

内科 についての関連する質問