JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在慢性副鼻腔炎(蓄膿症)で耳鼻科において治療中です。クラリスの少量長期投与をおこなっていますが、抗生物質をこんなに

解決済みの質問:

現在慢性副鼻腔炎(蓄膿症)で耳鼻科において治療中です。クラリスの少量長期投与をおこなっていますが、抗生物質をこんなに長期服用して大丈夫ですか。耐性菌の心配もありますし、腸内細菌叢への影響もあるのではないですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。
以前に何度か回答をさせていただいたことがございます。

クラリス(クラリスロマイシン)を含むマクロライド系抗生物質の少量長期投与療法は、日本で発案された治療法で、副鼻腔炎に対する有効性が適切なデザインの臨床試験によって確認されているわけではありません。

相談者様がご懸念されている、「耐性菌の心配」「腸内細菌叢への影響」についても、一部の医療者は懸念はしていますが、臨床試験では確認されていないというのが現状です(心配ない、という意味ではなく、「耐性菌の心配」「腸内細菌叢への影響」があるか無いかが確かめられていないという意味です)。
http://next-pharmacist.net/archives/1765
http://homepage2.nifty.com/entkasai/hukubikuen-memo.html
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2009-03-16
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます(すべてブログですが、医学的妥当性は保証いたします)↑↑↑

「抗生物質をこんなに長期服用して大丈夫ですか」というご質問に対する回答は、誰も持っていないのです。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問