JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

数日前より左腕が急に冷たく感じたり、痺れたりしています。昨晩は夜中に左小指に強い痛みが起きましたが、数分で治まりまし

解決済みの質問:

数日前より左腕が急に冷たく感じたり、痺れたりしています。昨晩は夜中に左小指に強い痛みが起きましたが、数分で治まりました。職場の人が左小指が痛くなって受診したら狭心症だったというので、まさか自分もだろうかと心配になりました。
一ヶ月程前からは急に血圧が上がり、上が160、下が100以上を示した事もあります。血圧は現在も高かったり低かったりを繰り返していますが、上は150位で留まっています。ただ下は普段から高く90以上の事はしょっちゅうです。
高血圧と不整脈の治療はしているので、血圧が上がった一ヶ月前にはかかりつけ医で診てもらい、寝不足している事から、睡眠時間を確保するように言われ、いつもの薬を出されました。
寝不足は少しは解消していますが、まだ十分とは言えません。
不整脈はピルシカイニドを飲み始めてからは出ていません。
飲んでいる薬は、アテノロール、ピルシカイニド、バルサルタン、エピナスチン、メチクール、桂枝茯苓丸、牛車腎気丸です。
休みの関係であと4日後でないと受診できないのですが、それまで放っておいて良いのかどうか回答をお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。
狭心症や心筋梗塞の痛みが左腕に「放散」することは確かに、特折り認められる現象です。
少し補足情報を下さい。
①左腕に冷感・痺れを感じる部位をもう少し詳しく教えていただけますか?
②冷感を感じたときに、実際に腕は冷たくなっているのでしょうか?
③首や肩のこりはありませんか? 首を大きく回したり、後ろに反らすことで症状が変化することは無いでしょうか。
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによって回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
お返事ありがとうございます。
①冷感、痺れはどちらも上腕から指にかけて、どちらかと言うと外側です。
痺れは腕を下側にして寝ていて血行が悪くなった時のような感覚です。
②冷感は実際には冷たくなっていないと思います。
③肩コリは昨日から今日の午前にかけてはありましたが今はありません。
首の右側は寝違えたように痛くて後ろをむけなくなっていますが、これは以前よりよくあります。
首を動かしても症状の変化はありません。
以上よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

身体に痺れや痛みが現れた場合、一般に、神経性の病態と血管性の病態を想定する必要があります。

相談者様の場合、上肢に冷感はあるが実際には冷たくなっていないことから、まず血管性病態(腕の血管が狭くなったり詰まることによって起こるしびれ・痛み)は否定的です。
虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)の放散痛が現れる場所としても、「上腕から指にかけて、どちらかと言うと外側」は典型的ではありません。

神経性の感覚障害である可能性が高いのではないかと考えます。
次に、神経性の感覚障害の場合も、痺れている腕の神経に問題があるのか、それよりも上流に問題があるのかを考えなければなりませんが、

相談者様の場合、感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、第6~第8頸髄神経(C6~C8)までの多椎間に渡るトラブルが考えられます。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

【病気の説明|頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症・頚椎後縦靭帯骨化症・頚部脊柱管狭窄症】
http://kubi-shibire.com/exp/exp.html

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

ただし相談者様の場合は高血圧の持病がありますから、血管性の病態も完全には否定できません。
まず血圧を診てもらっている主治医に相談され、血管からくる痺れの可能性が否定され他場合に、紹介状を作成してもらい、整形外科を受診されるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問