JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
レグルスに今すぐ質問する
レグルス
レグルス, 総合内科専門医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 141
経験:  平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
75922418
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
レグルスがオンラインで質問受付中

昨月受けた検診でピロリ菌が陽性であるとの結果が出ました。 すぐに除菌を行うものと思っていましたが、「特に影響も出て

解決済みの質問:

昨月受けた検診でピロリ菌が陽性であるとの結果が出ました。
すぐに除菌を行うものと思っていましたが、「特に影響も出ていないようなので様子見をしましょう」という診断でした。
その時は、そんなものか、と思っていましたが、よく考えれば様子見と言われても毎年胃カメラ検査はつらいし、どのようにして様子見を行うのか全く分かりません。
またなぜ除菌を行わないという選択があったのかも説明がなかったので疑問です。
そこで質問ですが
①様子見とは、具体的にはどのようなことをすることを言っているのか。
②除菌を行わないという選択には、どのようなメリットがあるのか。
以上回答よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  fukuma.show 返答済み 2 年 前.
①何もせずに様子を見るということだと思います。
②特にメリットは無いと思いますが、除菌に用いる薬の副作用の心配は無くなります。
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。

もう少し詳細に教えてください。

①様子見とは、毎年胃カメラ検診を行うということなのか。それとも2-3年に一度胃カメラ検診を行うということなのか。

②除菌に用いる薬の副作用とはどのようなものなのか。ピロリ菌が陽性であっても使用をためらうほどの副作用なのか。

以上です。

除菌を行うデメリット(薬の副作用)と除菌を行わないデメリット(毎年の検診+胃がんリスク)を比較しても、除菌をせずに様子見をしましょう、となった理由を確認したいのです。

よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  レグルス 返答済み 2 年 前.
内科のレグルスと申します。
担当医と意見が異なり、自分は除菌するべきと考えます。
ピロリ菌の感染と塩分の多い日本人の食生活が胃がんを発生しやすい事が分かっているからです。
またピロリ菌は胃炎、胃潰瘍とも関係があると言われています。
その上でご質問にお答えするようになりますので、ご了承下さい。
1.検診は毎年お受けください。ピロリ菌の検査は胃カメラでなくても可能です。(呼気検査、血液検査)
ピロリ菌の除菌をしていれば、胃の検査はバリウムでも良いと思います。
担当医がどのくらいの間隔で行うと考えたのかは、正直分かりません。
2.抗生剤とプロトンポンプ阻害剤を服薬しますが、抗生剤の量が多いため下痢をする場合があります。
これは一過性のものであり、服薬を中止することは滅多にありません。
ですので、除菌をするデメリットにはならないと思います。
検診でピロリ菌陽性を指摘され受診される方もいらっしゃいます。
その場合は呼気検査を除菌前後で行い、ピロリ菌の除菌が成功したかを確認いたします。
こちらが分かりやすいので参考にどうぞ。
http://www.pylori-story.jp/sterilization/sterilization/inspection/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご相談者様に満足いただけるような回答を心掛けておりますが、
説明不足な点などございましたら「評価」をする前にご返信にてご指摘ください。再度回答させていただきます。
また、追加のご質問をされる場合は回答を「評価」後に新たな質問として投稿していただきますようお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

詳細な回答ありがとうございました。

最後に一つ確認させてください

提示されたサイトにある記述で下記のような部があります。


ピロリ菌除菌療法の対象となる人は、次のI〜Vの病気の患者さんです。



  • ( I )内視鏡検査または造影検査で胃潰瘍または十二指腸潰瘍と診断された患者さん

  • (Ⅱ)胃MALTリンパ腫の患者さん

  • (Ⅲ)特発性血小板減少性紫斑病の患者さん

  • (Ⅳ)早期胃がんに対する内視鏡的治療後(胃)の患者さん

  • (Ⅴ)内視鏡検査でヘリコバクター・ピロリ感染胃炎と診断された患者さん


※これらの病気でない人が除菌を希望する場合は、医師と相談してください。

ここでいう※の「医師と相談してください」というのはどのような相談を想定しているのでしょうか?

専門家:  レグルス 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
おそらく(V)の所見があり、胃の生検でピロリ菌を確認されたのではないかと思われます。
通常、検診の胃カメラでピロリ菌の検査をすることは稀ですので。
検査結果で胃炎のコメントがあれば、結果を持参の上、消化器内科を受診なさってください。
※ですが、除菌を希望する場合は受診の上相談、という意味だと思います。
保険診療内で除菌が可能です。
よろしくご検討ください。
レグルス, 総合内科専門医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 141
経験: 平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
レグルスをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.


回答ありがとうございました。


大変参考になりました。

内科 についての関連する質問