JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。先日2700段の階段を降り、その他運動も始め、筋肉痛と思いきや、今朝両足にとんでもないくらいの(あざ)

解決済みの質問:

はじめまして。先日2700段の階段を降り、その他運動も始め、筋肉痛と思いきや、今朝両足にとんでもないくらいの(あざ)が出来ていまして、昨夜お酒もだいぶ飲みました。前から飲むと体に斑点もでていたので、心配なのですが、教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

何らかの出血傾向の可能性を疑います。

少し補足情報を下さい。

①運動後に、打撲したわけでもないのに内出血が認められるのはこれが初めてですか?

②健康診断などで異常を指摘されたことはないでしょうか。

③持病や常用薬があれば教えて下さい。

④「心配なのですが、教えてください」とのことですが、今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

持病はありません。

日頃お酒は、週3日ハイボール5杯は飲んでます。

運動後に出たのは初めてです。

飲んだ後に斑点が出るのは2年ほど前からです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

頭書の通り、何らかの原因で出血傾向があり、そのために飲酒後に皮下出血を起こされている可能性が高いと考えます。
今回も、飲酒が誘因であって、運動をされたことは、血管を拡張し、血行が良くなることで皮下出血をより悪化させる要因として働いたのだと推察されます。

出血傾向の原因は多彩で、ここまでの情報からはその絞り込みは困難です。
http://www.3nai.jp/weblog/entry/31940.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

しかし、大多数の場合では、止血を司る血液成分に問題があって出血傾向が生じますので、血液内科を受診されて診察・検査を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本血液学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本血液学会認定血液専門医名】
http://www.jshem.or.jp/senmoni/nintei-senmoni.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

週に1度くらい、デパスとソラナックス服用してます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

肝硬変は、それ以上の進行を防ぐことは出来ますが、元の柔らかい肝臓に戻すことはできません。

肝硬変も、出血傾向の原因になりえます。
血液を固まらせる働きのある血小板の数が低下したり、肝臓で作られる凝固因子が不足するため、一度出血すると止まりにくくなる傾向があります」(http://kaiinhp.fmed.jp/morichika/kanzo/kanzou_kankouhen.html より引用)。

むくみやつりなど、出血傾向以外にも様々な症状があるようですから、まずは総合病院の血液内科を受診され、必要と判断されれば消化器内科(もしくは肝臓内科)を紹介してもらってはと思います。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

肝硬変は、それ以上の進行を防ぐことは出来ますが、元の柔らかい肝臓に戻すことはできません。

肝硬変も、出血傾向の原因になりえます。
血液を固まらせる働きのある血小板の数が低下したり、肝臓で作られる凝固因子が不足するため、一度出血すると止まりにくくなる傾向があります」(http://kaiinhp.fmed.jp/morichika/kanzo/kanzou_kankouhen.html より引用)。

むくみやつりなど、出血傾向以外にも様々な症状があるようですから、まずは総合病院の血液内科を受診され、必要と判断されれば消化器内科(もしくは肝臓内科)を紹介してもらってはと思います。

内科 についての関連する質問