JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14198
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

17歳、高校2年生の娘(身長156cm体重47kg)の病状について相談します。 中学の頃から時々耳鳴りとめまい

解決済みの質問:

17歳、高校2年生の娘(身長156cm体重47kg)の病状について相談します。
中学の頃から時々耳鳴りとめまいがすると言っていたのですが、高校1年の秋、いよいよ辛いとのことでいくつかの耳鼻科を受診いたしました。
ですが原因がわからないとのこと、最終的に日本医科千葉北総病院にて耳管開放症ではないかと診断されました。
あまり効果的な薬はないとのことで、主に肩こりなどに効くというミオナール50mgを処方され辛い時に飲み様子をみておりました。
それとの因果関係はわかりませんが、昨年高校2年の8月末に突然左顔面と左腕の痙攣が止まらなくなり神経内科へ行きました。
そこでは、・MRI検査・血液検査・髄液検査・脳波検査を行いました。
が、異常なしとのこと セルシン2mgリボトリール0.5mgを処方され1ヶ月後診断時にはだいぶ良くなりました。
その後1ヶ月おきの診察を受け12月の診察後、次回は3月の診察になりました。
現在は調子の悪いときのみ薬を服用しております。
昨晩入浴後10時半頃、突然胸が苦しいと言い出し背中から波打つように痙攣いたしました。身体が痙攣したのは初めてだったので慌てましたがセルシンを飲ませ様子を見ましたら10分程でだいぶおさまったので、そのまま静かに寝かせました。
今朝は食欲もあり、意識も普通なのですが筋肉に力が入らないとのこと。
のんきに構えておりましたが、昨晩救急へ行くべきだったのか不安になり相談させて頂きました。
というのは、今現在かかっている神経内科の先生は水曜日のみの診察なので予約がないと半日以上待つことになるのと、そこ以外どこの病院へいけば良いのか、例えば風邪などをひいた時にかかっている内科の先生で良いのか、それともこのまま様子をみていて良いのかわからず困っています。
長文乱文にて大変失礼いたしますが宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

実際にお嬢様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、お嬢様が呈されている症状は神経学的疾患として説明がつくものではないように思われます。

①神経内科で行われた検査で異常が無く、しかしセルシンとリボトリールを処方されたのはなぜですか?

②お嬢様はストレスに反応して身体症状が出やすい性格・体質ではありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

迅速な対応、返答有難うございます。

セルシンとリボトリールは、検査で異常が無いため、特に詳しい説明はなく処方されたものです。精神安定剤のようなものですが、あまりびっくりせずにとりあえず飲んでみましょうかとのことでした。

確かに娘は、生真面目で何事にも120%で取り組まないと気がすまないと自分でも申しております。

その為、ストレスをかかえることは多いと思いますし、現在も部活動と学業の両立が時間的、体力的にも大変そうに見えます。

特に部活動では、現在副部長を任せられており、本人曰く体調が悪くても辞めるに辞められない状況とのこと。

ストレスを発散しようと部活のない稀な休日には、友人との遊びに積極的に出かけて行きますので結果、休む暇が無いのではと心配なところです。

親としては、娘の身体が一番心配なところですが、一度しかない青春だからなどと本人の自覚に任せている状況です。

なので、先生がおっしゃるように痙攣や耳鳴りなどは、神経質な性格上ストレスが原因かと思うのですが、本人はストレスという原因が一番ストレスだなどと申しており、どうしても納得がいかないようです。

なるべく自律神経を整えるべく、生活習慣を見直すよう努力している次第なのですが、全身痙攣というのはストレスからもくるものなのでしょうか?

全身痙攣というのは今回が初めてだったので、さすがに心配です。脳に影響はないのでしょうか?

今後もしおこったら、その場ですぐ病院へ行ったほうが良いのでしょうか?

現在は本人曰く、私や友人に愚痴や不満を言うことでバランスを保っているなどと申しておりますが、ここまで身体に影響がでている場合、今後心療内科等の受診を考えたほうがよいのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

まず、痙攣ということで、鑑別しなければならないのは神経内科の疾患である「てんかん」と、精神科・心療内科領域の疾患である「転換性障害」です。

英語ではエピレプシーとコンバージョン・ディスオーダーとそれぞれ表記される全く別の病気ですが、日本語ではどちらも「テンカン」と発音され、かつ時に症状が酷似しているためにしばしば混同され、また、時に鑑別が難しい疾患同士です。
http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/smzhry/semi/pseud-sz.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

てんかんでも非発作時の脳波には異常がみつからないことはありますが、神経内科医が問診をすれば、てんかんを疑ってより精密な検査を行うべきか、経過を観察するだけでよいか判断は付けられます。

昨年8月に「左顔面と左腕の痙攣が止まらなく」なって神経内科を受診されたとのことですが、このように、身体の、離れた2箇所の部位で同時に痙攣が起きる発作は、てんかんとしてはほぼありえないのです。
意識が保たれたまま身体の一部が痙攣するのはてんかんであれば「単純部分発作」に相当しますが、これは痙攣する部位の運動に関連した脳の特定の部位で異常放電が起こるために生じる発作なので、いつも決まった1箇所が痙攣します。

おそらくこの段階で、お嬢様を診察した神経内科医はお嬢様の痙攣がてんかんによるものではないという印象をもったのだと思います。
神経内科医はそうした患者様を診慣れていますから、精神安定剤を処方して様子を見ることにしたのでしょう。

現時点で決めつけるのは危険ですが、精神安定剤で改善し、「発作」が起きてもその精神安定剤の服用で落ち着くのであれば、てんかんではなく、ストレスの発現の仕方として痙攣発作を起こしている可能性は高いと考えます。

全身痙攣が「脳に影響はないのでしょうか?」という点については、てんかんの発作であった場合、それが例えば連発するとか、10分間以上も持続するようなことがあれば、脳にダメージが残る可能性があります。
その場合は、脳神経外科を救急受診する必要があります。

一方で、転換性障害で痙攣が起きた場合には脳にはいっさいのダメージが生じません。
患者様ご本人が、無意識のうちにご自身で起こしている筋肉の動きだからです。

私が見当違いをしていなければ、「セルシンとリボトリールは、検査で異常が無いため、特に詳しい説明はなく処方された」のは、神経内科医が、「恐らくてんかんではなくヒステリー(転換性障害のことです)だろうから、精神安定剤を処方しよう。精神科・心療内科を紹介すると気を悪くするかもしれないし、成長とともにストレスの処理がうまくなって発作も起きにくくなるだろうから、てんかんの可能性も頭の隅に置いてこのまま様子を見よう」と決めたのではないかと推察します。

しかしお嬢様は、相談者様がご記載になられたようにストレスを蓄積しやすい性格であって、しかもご自分がストレスに強いと思いたいがために息抜きも出来ず、結局、無意識のSOSとして身体症状を呈するようになった可能性が高いと考えます。
だとすれば、初めは耳鳴りとめまい、そして身体の一部の痙攣、ついには全身痙攣と、SOSのシグナルは次第にボリュームを上げてきていることになります。

ただこれは、神経疾患、身体疾患が除外された後に考えるべき可能性です。

まずは次の水曜日に神経内科を受診されて神経内科医に、お嬢様の痙攣が神経内科的なものなのか、精神科・心療内科的なものなのかをはっきりと確認すべきでしょう。
後者であった場合は、カウンセリングを中心とした専門的な治療が必要な段階にまで病状が進んでいると思います。

水曜日までは、てんかんとして扱われるべきです。
精神安定剤を使用しても治まらない発作が起きた場合は、ためらわずに救急車を要請し、脳神経外科の救急外来を受診されて下さい。

神経内科的疾患であっても精神科的疾患であっても、「風邪などをひいた時にかかっている内科の先生」では対応はできないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14198
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
リンクミスがありました。以下のように訂正いたします。

http://tenkan.nerim.info/resembling/conversion-disorder.html

http://members3.jcom.home.ne.jp/smzhry/semi/pseud-sz.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    49
    鳥大医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/reglus/2015-8-17_13620_defaultavatarx.64x64.png レグルス さんのアバター

    レグルス

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    14
    平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    メディカルアドバイザー

    満足した利用者:

    43
    医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    21
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2794
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格