JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の妻の親戚で中国在住の中国人(28歳)が、先日脳溢血で倒れました。 10時間に及ぶ手術の末一命は取り留めましたが

解決済みの質問:

私の妻の親戚で中国在住の中国人(28歳)が、先日脳溢血で倒れました。
10時間に及ぶ手術の末一命は取り留めましたが、後遺症で右半身が付随です。
一般的なリハビリは中国でもあるのですが、脳神経を回復させる脳神経内科治療が日本で行われていると聞きます。
日本全国の中でどこの病院が有名で、中国籍の人間を日本へ入国のうえ治療通院(入院?)することは可能でしょうか?
以上、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

「脳神経を回復させる脳神経内科治療」がどのような治療を指しているのかわかりかねますが、脳の神経細胞は一度損傷すると再生しません。
例えば、iPS細胞などはこの、現在の医療の限界を打破する可能性を秘めた研究ですが、現時点では、日本を含めた世界中の医療機関で損傷を被った脳神経細胞を回復≒再生させる治療は臨床実用されていません。

脳に損傷を被った場合、リハビリテーションによって、生き残った細胞で死んでしまった細胞の機能を代償するよう訓練するしかないのが現状です。

よって、効果的なリハビリテーションを受けられることが、現実的な方策であると言えるでしょう。

川平法(促通反復療法)というリハビリテーションの方法は、相談者様の運動障害を大きく改善するかもしれません。

これはいかがわしい手法や民間療法ではありません。鹿児島大学病院の附属施設である霧島リハビリテーションセンターで開発されたリハビリテーション手法です。
一昨年、NHKでも紹介され、大きな反響を呼びました。
https://www.youtube.com/watch?v=MtmXgZk2K6M

霧島リハビリテーションセンターのホームページで、川平法を行っている「公認施設」が紹介されています。
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~rehabil/ipn_rfehp.html
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

通院可能範囲にこのリハビリテーションを行っている医療機関があれば、主治医に紹介状を作成してもらい、受診されてみてはと思います。

「中国籍の人間を日本へ入国のうえ治療通院(入院?)すること」が可能かどうかは、個々の医療機関にお問い合わせ下さい。

以上、ご参考になれば幸いです
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

「脳神経を回復させる脳神経内科治療」がどのような治療を指しているのかわかりかねますが、脳の神経細胞は一度損傷すると再生しません。
例えば、iPS細胞などはこの、現在の医療の限界を打破する可能性を秘めた研究ですが、現時点では、日本を含めた世界中の医療機関で損傷を被った脳神経細胞を回復≒再生させる治療は臨床実用されていません。

脳に損傷を被った場合、リハビリテーションによって、生き残った細胞で死んでしまった細胞の機能を代償するよう訓練するしかないのが現状です。

よって、効果的なリハビリテーションを受けられることが、現実的な方策であると言えるでしょう。

川平法(促通反復療法)というリハビリテーションの方法は、相談者様の運動障害を大きく改善するかもしれません。

これはいかがわしい手法や民間療法ではありません。鹿児島大学病院の附属施設である霧島リハビリテーションセンターで開発されたリハビリテーション手法です。
一昨年、NHKでも紹介され、大きな反響を呼びました。
https://www.youtube.com/watch?v=MtmXgZk2K6M

霧島リハビリテーションセンターのホームページで、川平法を行っている「公認施設」が紹介されています。
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~rehabil/ipn_rfehp.html
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

通院可能範囲にこのリハビリテーションを行っている医療機関があれば、主治医に紹介状を作成してもらい、受診されてみてはと思います。

「中国籍の人間を日本へ入国のうえ治療通院(入院?)すること」が可能かどうかは、個々の医療機関にお問い合わせ下さい。

以上、ご参考になれば幸いです
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

「脳神経を回復させる脳神経内科治療」がどのような治療を指しているのかわかりかねますが、脳の神経細胞は一度損傷すると再生しません。
例えば、iPS細胞などはこの、現在の医療の限界を打破する可能性を秘めた研究ですが、現時点では、日本を含めた世界中の医療機関で損傷を被った脳神経細胞を回復≒再生させる治療は臨床実用されていません。

脳に損傷を被った場合、リハビリテーションによって、生き残った細胞で死んでしまった細胞の機能を代償するよう訓練するしかないのが現状です。

よって、効果的なリハビリテーションを受けられることが、現実的な方策であると言えるでしょう。

川平法(促通反復療法)というリハビリテーションの方法は、相談者様の運動障害を大きく改善するかもしれません。

これはいかがわしい手法や民間療法ではありません。鹿児島大学病院の附属施設である霧島リハビリテーションセンターで開発されたリハビリテーション手法です。
一昨年、NHKでも紹介され、大きな反響を呼びました。
https://www.youtube.com/watch?v=MtmXgZk2K6M

霧島リハビリテーションセンターのホームページで、川平法を行っている「公認施設」が紹介されています。
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~rehabil/ipn_rfehp.html
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

通院可能範囲にこのリハビリテーションを行っている医療機関があれば、主治医に紹介状を作成してもらい、受診されてみてはと思います。

「中国籍の人間を日本へ入国のうえ治療通院(入院?)すること」が可能かどうかは、個々の医療機関にお問い合わせ下さい。

以上、ご参考になれば幸いです

内科 についての関連する質問