JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の家内(66歳)ですが、今月に入って急に歩行困難(すり足走行)・疲労倦怠感があり、掛かりつけの整形外科に行き、診察

解決済みの質問:

私の家内(66歳)ですが、今月に入って急に歩行困難(すり足走行)・疲労倦怠感があり、掛かりつけの整形外科に行き、診察・検査(MRI)を受け、腰椎脊椎間狭窄の疑いがあり県立加古川医療センターの紹介を頂き診察を受けましたが、歩行困難に至る原因ではないと診断され、次回神経内科の予約をとり帰ってきました。
尚、10年前に首頸椎狭窄で(チタン三箇所)固定手術を受けた経過もありますが、今回の症状に起因しないとの診察でした。
以下につらい事柄を列記いたしますの、よろしくご指導をお願いいたします。
1.首の後頭部固く首が痛くつらい。
10年前に首の頸椎手術を受ける前の症状が、歩けなくすり足になっていた・血圧も200を超えていた。一か月余りかけて血圧を下げる治療を受け、脳神経外科で頸椎手術を受けた。
2.日によって違うが、毎日急に歩きづらくなる。
3.上記症状により、「なんでこんなんやろ」と自分を責めるようになり憂鬱になる。
4.現在飲用薬
〇半年位前に、血圧の薬変えている。
アムロジン2.5ミリグラム➡アムロジンジピン5ミリグラム
〇神経内科
セデコバン錠0.5ミリグラム、ソルビデム酒石塩10ミリグラム
〇その他
骨粗しょう症、
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

「よろしくご指導をお願いいたします」とのことですが、今回のご相談でご質問になりたい事項をもっと具体的に教えていただけないでしょうか?

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。

インターネット相談では患者様を診察・検査できませんので、実際に病院にかかった場合に医師から指示を受けるような形での回答はご期待いただかない方がよろしいかと存じます。

回答は主に「一般論」ということになります。

インターネット相談にそぐう形でご質問内容を整理していただけますと幸いです。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

質問者: 返答済み 2 年 前.

質問内容が不明確で申し訳ありませんでした。

<相談事項>

1.腰椎脊椎間狭窄、首頸椎狭窄で(チタン三箇所)固定手術の後遺症は、歩行困難の原因ではないとのの診断でしたが、他に歩行を妨げる要因はあるのでしょうか?

2.首頸椎の手術で、チタンで固定しているので首の動きが制限され(特に上を見るのができない)ているのですが、医療の進歩で再手術すれば首の動きが楽になることは可能なのですか?

又、「筋肉弛緩」効果があるボトックスという薬剤治療効果的でしょうか?

上記2点ご指導をお願いいたします。

〇神経内科 ⇒ 心療内科の間違いでした
セデコバン錠0.5ミリグラム、ソルビデム酒石塩10ミリグラム

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 1.腰椎脊椎間狭窄、首頸椎狭窄で(チタン三箇所)固定手術の後遺症は、歩行困難の原因ではないとのの診断でしたが、他に歩行を妨げる要因はあるのでしょうか?
⇒実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、これについて回答するのは困難です。しかし、規模の大きな、レベルの高い医療機関で頚椎や腰椎が歩行困難の原因ではないと判断されているわけですから、それはいったん除外して考えてよいでしょう。
高血圧の既往があり、すり足歩行を呈されていますから、私であればまず脳血管性パーキンソニズムを疑うであろうとは思います。
http://www.treatneuro.com/archives/2157
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

> 2.首頸椎の手術で、チタンで固定しているので首の動きが制限され(特に上を見るのができない)ているのですが、医療の進歩で再手術すれば首の動きが楽になることは可能なのですか?
⇒残念ながら、頚椎の固定を外すわけにはいきませんので、ご期待に沿うことは難しいと考えます。

> 又、「筋肉弛緩」効果があるボトックスという薬剤治療効果的でしょうか?

筋肉の硬直(首の後頭部固く首が痛くつらい)に対して有効である可能性はあるでしょう。

しかし、それはボトックスの本来想定されている使用法ではありませんので、実施するかしないかは主治医の判断に委ねられることになるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問