JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14191
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

前回の続きの話です。 病院を訴えようと、思い、弁護士さんに、相談しました。 こちらは、アナフィラキシーショッ

解決済みの質問:

前回の続きの話です。
病院を訴えようと、思い、弁護士さんに、相談しました。
こちらは、アナフィラキシーショックだと思っておりましたら、
死亡診断書には、直接死因は、致死性不整脈と書かれ、傷病名は、感染性腸炎と書かれていました。
弁護士さんが、顧問医に、相談をしたところ、アナフィラキシーショックではない。と言われ、
他の医療ミス、(Drの過失ー異常データを見逃して、故・母を循環器内科へ紹介しなかった事)
が、原因と言われました。
病院の担当医は、検査値が心筋梗塞等の心筋障害の指標となるCKMB酵素とH-FABP検査を施行している。
所見では、心エコーにて、びまん性の心収縮力が低下しており、心房の拡大が見られた上、CPKが、741、CKMB酵素が51、H-FABPが、61.0と、いずれも高値であった。
この様な所見は、心筋梗塞や心筋炎などの、心疾患の存在を疑わせるものである。
したがって、担当医は、この時点で、循環器内科へ故・母を紹介すべきであった。
にもかかわらず、担当医は、「慢性心不全、かなり悩ましい症例」とカルテコメントし、
入院後に故・母を循環器内科Drに紹介する事を、予定するにどどまり、この時点で、故・母を循環器内科に緊急紹介しなかった。
担当医は、故・母の主疾患が、感染性腸炎であると診断し、
その後に続発した急性心筋炎に思い至っていなかったのである。
故・母の死亡との因果関係は、心エコーにびまん性の心収縮力低下、
心房拡大がみられた時点で、循環器内科に紹介されていれば急性心膜炎の治療を
受ける事ができ、死に至ることはなかった。と弁護士さんの顧問医がおっしゃった。
更に病院の対応に納得できないことがありました。
Nsに母の急変、異常(呼吸困難・口からピンク泡・発汗・意識低下・発熱39.1、低血圧)を何度も伝え、Nsコールするも、「お年寄りですからこんなもんです。口を開けても異常ではない。」苦しんでいる、いつもと違うといっても、相手にされず、Drは、45分も来ず。
やっと45分間経ってDr来たが、その時、既に母は、帰らぬ人となりました。
以上ですが、私は病院の対応は、明らかに、過失だと思います。
裁判に勝てるでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山です。

「裁判に勝てるでしょうか? 」というご質問であるならば法律カテゴリーでなさるのがよろしいかと存じます。弁護士がついているのですからその方に聞けば良いのではないでしょうか。
勝つ・負けるが明らかならばそもそも裁判にはなりません(明らかに相談者様側が勝つのであれば病院側が示談にするでしょう)。

「私は病院の対応は、明らかに、過失だと思います」とのことですが、過失かどうかを判断するのは裁判官です。

今回のご質問の趣旨が何ともわかりかねるのですが……
どういった回答を期待なさっているのでしょうか。
既に弁護士に相談していて、顧問医までいるのであれば、そちらに相談された方がインターネット相談よりも適切な回答が得られると思いますが。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】







質問者: 返答済み 2 年 前.

すいません。メールのやり方が、わからないおばさんが、前回も今回も

パソコンの先生のご指導を頂きやっと、メールを流す事が出来、大変猫山先生には、申し訳けなかったですが、あの後、やっとカルテ開示をして貰ってから、メールしましたが、私1人でやったので、エラーになり、上手く流れず、今日も何度も挑戦して、ダメでしたが、パソコンの先生にみて、頂き、やっと流れた次第です。使い分けが出来ないことお許し下さい。

どうして、私が質問を、した方と申しますと、

弁護士さんも、私の主治医の先生も、母の死は、アナフィラキシーショックだと信じておりましたら、

弁護士さんの所の専属の顧問医の先生が、「アナフィラキシーショックではない。」と言われた。

更に弁護士さんからは、「示談交渉にしても、30%の確率しかない。」と言われた。このことを

私の主治医の先生に、申し上げた所、「ぼくは、アナフィラキシー症状で、肺水腫を起こしていると思う。もう一度、他の先生に確認して見られて、他の弁護士さんにも、あたられては、いかがでしょうか?」と・・・

それで、お尋ねした次第です。

猫山先生が、おっしゃる通り、過失かどうかを判断するのは裁判官です。が・・・始めから、30%の負ける内容なら(新卒の免許取り立ての方にさせてる。のもあり・・・)

私に、勝てる弁護士さんをご紹介して頂けませんでしょうか?

誠に猫山先生には、身勝手で、ご無礼な、お願いで、本当にすみません。

(主治医の先生にも、お願いしましたが、断られ)私としては、猫山先生に、お願い申し上げる、次第です。

私は、子供もなく、父、母も亡くなって今は、一人になってしまい、親戚一同も、高齢化し、母が亡くなり、ますます、疎遠になりました。どうか猫山先生、よきアドバイスお願い申し上げ、失礼をお許しくださいませ。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

私自身は裁判に関わり、法廷に出た経験は1回あるだけで、医療訴訟に特別に明るいわけではありません。

顧問医がいるほどですから、相談者様がコンタクトした弁護士は医療訴訟の経験値が高い弁護士なのだと推察します。
その弁護士が勝てる見込みは30%と仰るのであれば、それは現実的な数字なのだと思います。
医療訴訟における原告側の勝訴率は20%程度ですから、ある意味では一般的な確率とも言えます。
https://www.avance-lpc.com/medical/02.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

医療訴訟は多くの場合、お母様のケースのように、ご家族から見て明らかに病院側に過失があるように思われる事案に対して起こされることがほとんどであるわけですが、それでも、勝率は2割なのです。

私個人、弁護士の知己はおりませんし、個人的な紹介は本サイトではできません。
敢えて申し上げるならば上記リンク元である「医療事故弁護士法律相談センター」(https://www.avance-lpc.com/office/overview.html)へのご相談をお勧めいたしますが、勝てる見込みが30%だと仰っている相談者様の弁護士は既に、医療訴訟においては「勝てる弁護士」だといっても過言ではないことをご理解ください。

以上、ご参考になれば幸いです。











猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    49
    鳥大医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/reglus/2015-8-17_13620_defaultavatarx.64x64.png レグルス さんのアバター

    レグルス

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    14
    平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    メディカルアドバイザー

    満足した利用者:

    42
    医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    21
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2794
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格