JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4036
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

47歳・女性です。今年の3月から、時々胃の調子が悪く、(これまで胃が悪いと感じたことはありません。)、嘔吐が1日続い

解決済みの質問:

47歳・女性です。今年の3月から、時々胃の調子が悪く、(これまで胃が悪いと感じたことはありません。)、嘔吐が1日続いて点滴することも、この3ヶ月で2度ありました。何か、食事に当たったのではと近所のかかりつけ医にいわれましたが、実家近くの別の病院で診ていただき、胃カメラで検査したら、胃の萎縮がみられるといわれました。他には何も問題はありませんでした。ピロリ菌の検査をしましたが、ピロリ菌はありませんでした。胃が萎縮していると、これからどうなるのでしょうか。萎縮が進まないようにするには、何が大切なのでしょうか。今は食欲もありますし、特に調子が悪いことはありませんが、便秘と下痢になりやすいです。貧血まではいきませんが、理想?の数値の範囲より低く、鉄分結合の数値も、理想の数値の範囲より低いです。何か関係ありますでしょうか・・?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
身長と体重を教えてください。
ピロリ菌の検査はどのような検査をしましたか。
血液の壁細胞および内因子自己抗体の検査はしましたか。
高塩分摂取、喫煙、飲酒をしますか。
他に何か症状がありますか。何かきっかけのようなことに気づいていますか。
その貧血、鉄分結合の数値の検査の結果を教えてください。ここに添付してもいいです。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございます。ご連絡が遅くなりましてもうしわけありません。

・身長165センチ、体重64キロ(ここ数年で、5キロ以上太りました。)

・ピロリ菌の検査は、血液検査でした。

・壁細胞、内因子自己抗体の検査はしておりません。(初めて聞いた検査名です)

・毎日、自分の料理を食べておりますし、味付けが濃い方でもないので、塩分摂取量は人並みだと思います。

・飲酒は殆どしません。喫煙は過去にも現在も、全くありません。

・貧血の血液検査の結果は、頂いておりません。数値は忘れてしまいましたが、いわゆる理想の値?が示されている範囲より、低かったです。食事中や、出先、家の中でも、時々フラ~っとして具合が悪くなり、立っていられないような感じになると話したので、貧血の検査をしました。貧血といえるほどではないといわれました。

・持病はありませんが、7年前にアナフィラキアシーショックで救急搬送されました。(嘔吐、全身発疹、過呼吸などの症状。)様々なアレルギーテストをしましたが、原因になるものは分かりませんでした。その後は、何もありません。

・5年前に、子宮筋腫で、子宮全摘手術を受けました。

・服薬はありません。

・家系に、胃がんなどの、胃の疾患履歴がある人はおりません。

どうぞ宜しくお願いいたします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
遅れて申し訳ありません。その貧血の検査はいつしましたか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

貧血の検査は、3週間前です。

よろしくお願いいたします。

急ぎではありませんので、大丈夫です!!

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
そうであるとすると自己免疫性萎縮性胃炎ではなく環境性萎縮性胃炎である可能性が高いと思います。以前は萎縮性胃炎と胃がんの関係が示唆されましたが現在は家系に胃がんの方がいない、生検で異形成の変化が認められないなら定期的に検査をする必要はありません。ニトロソ化合物はその危険因子をして知られています。それを含む食品としては次のものがあげられます。できるだけ避けてください。
1 加工肉製品(とくにベーコン)やチーズ(保存法によって食品中にニトロソ化物質が生
成される)など、硝酸塩や亜硝酸塩を添加する保存食品
2 魚・肉製品など、燻製による保存食品(煙に含まれる窒素酸化物がニトロソ化物質とし
て働く)
3 麦芽、低脂肪粉乳製品、香辛料など、燃焼ガスによる乾燥食品(燃焼ガスに窒素酸化物
が含まれる)
4 特とくに野菜のピクルスなど、酢漬けや塩漬け食品(硝酸塩から亜硝酸塩への微生物還
元が起きる)
5 細菌の混入によってニトロソアミンが生成されやすい高湿度条件下で、栽培または保
存される食品
Dr_GATOをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問