JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。35才女性です。恥ずかしい相談なのですが、よろしくお願いします。1年半前から、友人や家族と、ちょっと高

解決済みの質問:

はじめまして。35才女性です。恥ずかしい相談なのですが、よろしくお願いします。1年半前から、友人や家族と、ちょっと高級レストランで外食すると必ず帰宅途中か、帰宅直後に猛烈にお腹が痛くなり、ひどい下痢をしてしまうようになりました。はじめは、体調不良や食べ物アレルギーを疑いましたが、あてはまるものがありません。また一人でファミレスで食事をしても起こりません。体に悪そうなファーストフードをいくら食べてもなりません。以上のことから、おしゃれな外食をすると下痢をするのだと分かりました。昔から外食が好きだったのですが、こんなふうになったのは最近です。家族から過敏性腸症候群じゃない?と言われています。最近は外食自体がが怖くなり、人からの誘いを断るようにしていますが、このまま人間関係が狭まるのも嫌です。外食する日は下痢止めを飲んで出かければ良いのでしょうか?過敏性腸症候群を治すにはどうしたら良いのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

もちろん内科的な検査も受ける必要はありますが、ご記載を拝読する限り、私も相談者様は過敏性腸症候群(IBS)を患われている可能性が高いと考えます。

IBSは現在、薬物療法か薬物療法+認知行動療法という心理療法の組み合わせで治療されます。

現時点ではまだ今回ご相談の件に関して、医療機関にはかかられていないと理解してよろしいでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生、ご返信いただき、有り難うございます。やはり過敏性腸症候群の可能性が高いのですね。今回の件については、まだ医療機関を受診はしていません。会社の健診は毎年受けていますが、特に何か指摘されたことはなく、普段はいたって健康です。ただ、眠れない癖があり、3日に一度は徹夜してしまいます。治療について、薬物療法と認知行動療法があるとの事ですが、詳しく教えていただけませんか?またそれらの治療はどのくらいの期間を必要とするのでしょうか?認知行動療法を受けるとしたら、内科より精神科を受診した方が良いのでしょうか?色々伺ってすみません。宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生、ご返信いただき、有り難うございます。やはり過敏性腸症候群の可能性が高いのですね。今回の件については、まだ医療機関を受診はしていません。会社の健診は毎年受けていますが、特に何か指摘されたことはなく、普段はいたって健康です。ただ、眠れない癖があり、3日に一度は徹夜してしまいます。治療について、薬物療法と認知行動療法があるとの事ですが、詳しく教えていただけませんか?またそれらの治療はどのくらいの期間を必要とするのでしょうか?認知行動療法を受けるとしたら、内科より精神科を受診した方が良いのでしょうか?色々伺ってすみません。宜しくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

以下、相談者様の診断が過敏性腸症候群であるという前提で回答いたします。

過敏性腸症候群(IBS)の認知行動療法については、それを体系立てて行っている精神科・心療内科は数えるほどしかありません。
ただし相談者様の場合、「ちょっと高級レストランで外食すると必ず帰宅途中か、帰宅直後に猛烈にお腹が痛くなり、ひどい下痢をしてしまう」「一人でファミレスで食事をしても起こりません。体に悪そうなファーストフードをいくら食べても」下痢はしない、という特徴を有していますから、IBSに加えて、社交不安障害(SAD)に近い特徴も備えておられるように思われます。
http://www.yum-yum-life.com/health/sad.php
http://www.dr-maedaclinic.jp/dc0200.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

よって認知行動療法が有効な治療法であるように思われますが、日本の臨床の実情を鑑みますにまず薬物療法で症状をある程度コントロールし、次いで、敢えて「ちょっと高級レストランで外食する」ことにチャレンジすることが自己治療としての認知行動療法になりえるでしょう。詳細については、最近になって成書が出版されていますので、参照されることをお勧めいたします。

【IBS克服10のステップ 過敏性腸症候群で悩む人&専門家へ】
http://amzn.to/1kWICVJ

【過敏性腸症候群の認知行動療法 脳腸相関の視点から】
http://amzn.to/1m0nOhD

私の臨床経験に基づいて助言するならば、下痢を起こしたレストランのランチタイムにコーヒーだけを飲みにいく、それで下痢が起こらなければランチを摂る、それでも下痢が起こらなければ夕食に、一番短い時間で食べられるコースを信頼できる友人と食べに行く、といったように階層化したステップ付けをして挑戦されることです。

ご懸念の通り、状況依存性が強いIBSは、ある状況で下痢が起こる⇒そういう状況を回避するようになる⇒ますます会食が苦手になって、いざ冠婚葬祭などのやむを得ない事情で不特定多数の人と食事した場合に不安症状が強く出る⇒下痢を起こす⇒会食場面からの回避行動に至る、という悪循環に陥りがちです。

まず内科疾患としてのIBSに対する治療を受けられるとともに、自助努力で行動範囲を維持・拡大することで病状の改善を図られるのが現実的でしょう。

過敏性腸症候群(IBS)を診療できる病院は以下のサイトで検索することが可能です。

【過敏性腸症候群(IBS)を診療できる病院を探す】
http://www.cocokarada.jp/hsearch/0007/00/top.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問