JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4088
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

はじめまして。私は40代前半の女性です。基礎疾患としてSLEがあり、現在は眼科治療がメインで、硝子体注射を3度行いま

解決済みの質問:

はじめまして。私は40代前半の女性です。基礎疾患としてSLEがあり、現在は眼科治療がメインで、硝子体注射を3度行いました。傷口?(注射したところ)からの感染症防止のため、抗生剤3日間を服用しました。そして3度ともお腹の調子が悪くなります。1度目は最初は少しの腹痛と軟便でしたが、4,5日後に急性腸炎を起こし、ひどい腹痛、下痢、嘔吐、発熱で入院になりました。しかし、このときは冬場だった(ノロウィルスなどがはやっているとき)こともあって、抗生剤との因果関係はわからずでした。2度目のときも軟便になり整腸剤をもらい10日ほどでよくなりました。そして3度目も腹痛と軟便があり整腸剤をもらいましたがよくならず今現在3週間くらい続いています。腹痛はそんなに強くありません。便の状態は下痢、軟便(水様便や泥状便はありません)です。
下痢や軟便が続くため痔になってしまったようで、お尻も痛いです。

もともと何かのきっかけで下痢になると長期になることがあります。(以前、食あたりで下痢になったときは2ヶ月くらい、ストレスで下痢になったときは1ヵ月くらい)下痢でないときは、基本的に快便で便秘はめったにありません。

SLEのため多くの薬を服用しています。また、目に症状が出たことで精神的に疲れてしまい、安定剤を処方されています(メイラックス半錠/2日)。そのほか気になることは、ここ半年で貧血になったといわれています(ヘモグロビンが10前後)。

お酒やタバコはしません。ここのところずっとお腹に優しいといわれるものしか食べていないので体重が2キロ減りました。

こんな状態ですが、質問は下記の通りです。
1、この腹痛や下痢は抗生剤があわないと考えるべきでしょうか?
2、抗生剤が合わない場合、一般的には服用をやめれば腹痛や下痢は治まると聞きましたが、今回のように長くなることはあるのでしょうか?
3、抗生剤が原因でない場合は、どのようなことが考えられるでしょうか?
4、この状況を改善するにはどうしたらよいでしょうか?

宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
抗生物質の使用からクロストリジウム ディフィシルという細菌に感染したかもしれません。便の中のその細菌のPCRの検査をしてもらってください。もし、それが陽性ならメトロニダゾールという抗生物質を内服してください。それが効かない場合はバンコマイシンという抗生物質を内服してください。それでも聞かない場合は糞便細菌療法をおこなってもらってください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の回答ありがとうございます。


聞きなれない細菌の名称が出てきてビックリしています。


かなり怖いものなのでしょうか?


また、その結果はすぐにわかるものなのでしょうか?


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

追加ですみません。


これは人やペットにうつったりしますか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
軽度から中等度の場合はメトロニダゾール、バンコマイシンで95%の方は7日から10日で治ります。しかし、20-27%の方は治療が終わった3日から3週間後に再発をします。2回以上再発した場合は65%の再発の可能性があります。劇症化することはまれに3%の方に起ります。それは中毒性巨大結腸症、大腸穿孔、および死亡です。劇症化した場合は手術が必要になります。
その結果は一時間以内にわかります。
その菌は土、空気、水、人間や動物の糞、加工した肉のような食物のように環境のどこにも認められます。健康な人の少数の方は大腸の中にその菌をもっていますが特に症状は起こしません。その菌は便に出てその感染者が手を徹底的に洗わない場合に食べ物、物の表面、物に広がります。その菌は胞子を産生し、その胞子は数週間から数ヶ月間部屋の中で生存することができます。もし、その胞子のある表面にさわったら、それを知らずに飲み込む可能性はあります。人やペットに伝る可能性はあります。感染の予防としてはその感染者とその感染者と接触する人は石けんと暖かいお湯で手を洗うこと、全ての表面をブリーチを含む既製に濡れテッシュで拭くこと、不要な抗生物質の使用を避けることが大切です。
腸には何百万もの細菌がいてその多くは体を感染から守りますが抗生物質は悪い細菌を殺すとともにその良い細菌を殺します。十分な良い細菌のいないとクロストリジウム ディフィシルという細菌は急激に増殖し症状を起こします。
Dr_GATOをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問