JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一か月前に肺にたまった胸水を胸腔鏡手術で取ってもらいましたが その際カメラで鍾乳洞のように多数の腫瘍が写されていまし

解決済みの質問:

一か月前に肺にたまった胸水を胸腔鏡手術で取ってもらいましたが その際カメラで鍾乳洞のように多数の腫瘍が写されていました 一部切り取り病理検査をして貰っていますが 5年前に行った大腸がんの転移で間違いないようです。 いままで抗がん剤投与はしていませんが有効と判断されますか。 現在73歳で緩和ケア治療をいまは進めています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①「鍾乳洞のように多数の腫瘍」が大腸がんの遠隔転移であったとして、手術による切除は可能なのでしょうか?

②患者様は現在、全身状態は良好でしょうか?

③相談者様と患者様のご関係を教えていただけますでしょうか。緩和ケア治療は医師によって勧められているのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生


 


① 手術による全部の除去は無理と思われますので病理検査をしているので抗がん剤治療が効果がありそうかお聞きしたいのです。


 


②この一週間急激に衰弱しています。


 


③相談者は患者本人です。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では一般論しか申し上げられませんが、大腸がんの治療ガイドラインでは、

********************************************
癌がすでに大腸から離れた場所(肝臓,肺,腹膜など)に転移しているとステージIVに分類されます。大腸に存在する癌を原発巣,転移している癌を転移巣といいます。
  • 原発巣と転移巣の両方とも安全に取り切れる場合は,両方を手術で切除します。
  • 転移巣は取り切れないものの,原発巣が原因で貧血,穿孔(腸に穴が開くこと),腸閉塞などを起こす恐れがある場合は,原発巣だけを切除し,転移巣には化学療法や放射線療法を行います。
  • 原発巣と転移巣の両方とも手術で取りきれない場合は,手術は行わず,化学療法や放射線療法を選びます。
  • 化学療法や放射線療法の効果が少ない場合や,患者さんのからだが手術や化学療法・放射線療法には耐えられないほど弱っている場合には症状を和らげる治療が優先されます。
********************************************
という推奨がなされています。
また、肺転移に関しては、

********************************************

肺転移の治療には,手術治療と化学療法があります。

    手術治療(肺切除術)
  • 転移した部分がすべて切除できる,手術後に生活するだけの肺が残る,手術に耐えられる場合には手術が行われます。
  • 肺切除では 30~60%が治ります。
    全身化学療法
  • 肺転移が手術で取り切れない場合や,肺以外にも転移がある場合に行われます。
********************************************
とされています。
http://www.jsccr.jp/forcitizen/comment03.html

現状、衰弱が激しいのであれば、化学療法のメリットがデメリットを上回ることはないであろうと考えます(抗がん剤による化学療法はがんを根治させる治療ではありません。最大でも何ヶ月間か、余命を伸ばすことを目的とした治療です)。

最終的には主治医の説明に基づいて相談者様がお決めになることではありますが、本相談においていただいた情報に基づいて判断するならば、化学療法は行わない方がよい事例であると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問