JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院勤務経験あり
75835603
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

実家の77歳の母が12月ごろ、同じことを言う、寝られない、いらいらする、落ち着きがない、頭が重い、息苦しい症状が出た

解決済みの質問:

実家の77歳の母が12月ごろ、同じことを言う、寝られない、いらいらする、落ち着きがない、頭が重い、息苦しい症状が出たため、地元の脳神経内科を受診し、以下の薬を処方されました。
1月(初診):抑肝散、コンスタン(0.2mg)
その後、以下のように薬の種類と量が増えました。
2月:抑肝散、コンスタン(0.2mg)+メマリ錠(5mg)
3月:抑肝散、コンスタン(0.4mg)+メマリ錠(10mg)
母は、薬の処方により、かえって、いらいら、動悸、頭が重くなったといっています。
このまま薬を続けたほうがよいのでしょうか。また、セカンドオピニオンをしたほうがよいのでしょうか。
お手数ですが、ご教示をよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
お母様は、何という診断を受けられたのでしょうか?
また、頭部CT、心電図、レントゲンなどの検査はされたのでしょうか?
上記の薬以外に、高血圧や糖尿病などの治療はしておられますか?
他に内服しているお薬あれば教えてください。
また身長、体重、過去の大きい病気あれば教えてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早々のご連絡ありがとうございます。


実家(滋賀県)と住居(横浜)で電話でやりとりをしているため、薬の情報が間違っていました。ご質問の回答と併せて再度、お伝えたします。


 


 12/4:大津市民病院(脳神経内科)初診


     ・問診、CT、血液検査、機能テスト実施


 12/20:脳MRI実施


  1/15:検査結果受ける


     ・アルツハイマー症(海馬が少し萎縮している)と診断


  1/21:脳の血流検査実施


 


  1/24:これまでの検査の結果から薬の処方


     ・アリセプト(3mg)(ただし、症状の改善なかった)


 


 その後、アリセプト増量(5mg)、よくかんさん追加


  2/27:アリセプトの副作用有りと判断し、アリセプトやめ


 


  2/28:よくかんさん、メマリ(5mg)


 


 


 


  3/7:よくかんさん、メマリ(10mg)、コンスタン(0.4mg)


薬は現在に至る。


 


4月に次回受診


●上記の薬以外に、高血圧や糖尿病などの治療はなし。


●他に内服しているお薬は、コレステロールの薬と目薬(緑内障)。ただし、3月から内服(使用)していない。


●身長148cm、体重47kg


よろしくお願いします。


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.

ご実家との連絡をとって頂き、詳細なご返信ありがとうございます。

適切な検査を受けられた上で、アルツハイマー型認知症と診断を受けたのですね。相談者様もご存知かと思いますが、現在アルツハイマーを治す治療薬というのは残念ながらありません。アリセプト、メマリーは共にアルツハイマーの進行を抑制する薬です。その中でもメマリは一番新しい薬で、アリセプトや他の今までに発売されている認知症治療薬とは違った作用機序を持っています。現在、20mgまで増量が可能なお薬で、5mgや10mgでは効果はないけれど、20mgまで増量したことで、効果が出てくる患者様も数多くいらっしゃいます。おそらく、お母様の主治医の先生も腎機能障害などの副作用が出ない限り、20mgまでは増量して、効果を判定したいと考えていらっしゃるように思います(私ならそうします)。

しかし、コンスタンに関しては、効果がないのに、だらだらと使い続けるべき薬ではありません。長期に服用することにより、依存性が出てきてしまうからです。また、本来は不安やイライラを抑える作用の薬ですが、患者様によってはイライラや不安が増強してしまうケースがあります。お母様の場合も決して効果あるようにはご相談内容からは見られないので、徐々に量を減らして中止すべきだと私は考えます。(自己判断での中止は危険ですので、中止する場合は医師の指示のもとに減らしていって下さい。)

抑肝散に関してましては、数ヶ月最大容量飲んでも効果が全くなければ、辞めるべきだと思いますが、血液検査を定期的にしていれば、特に心配な副作用も少ないので、お母様の場合は飲み続けても問題ないと思います。

 

総合的に判断して、認知症に関しては適切な検査、治療が行われているように思いますので、現時点でセカンドオピニオンを急がれる必要性は低いように私は思います。

ご実家とお住まいが遠くて、とても心配だと思います。直接診察に同伴されるのは難しいかもしれませんが、電話などで主治医と話すことは可能だと思います。分からない事は何でも主治医に相談されて、ご家族が納得できる治療を受けられる事をお勧めします。

 

ご質問の回答になっていますでしょうか。 ご不明点あれば、ご返信下さい。

Dr-KUMAをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問