JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14368
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ここ二週間位眠れない日が続いています。朝まで意識がしっかりしていて意識的に目を開けようと思えばいつでも開けられる状態

解決済みの質問:

ここ二週間位眠れない日が続いています。朝まで意識がしっかりしていて意識的に目を開けようと思えばいつでも開けられる状態です。日中はそれなりに、やるべきことはやれているのですが、眠れないのが辛いです。2月に三週間ドイツに行く予定で、そのことがプレッシャーになっているのでしょうか。お医者さんに行った方がいいのでしょうか。もし行くとすれば、どこの科がいいのでしょうか。現在バセドウ病で、月に一回専門医に診てもらい、メディカゾールとリピトールを一日一錠づつのんでいます。宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①ドイツ行きは、実際にプレッシャーを感じられているのでしょうか。

②甲状腺ホルモン値は、現在、正常範囲内にコントロールされていますか?

③一応、ですが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

① 一応短期留学というかたちで、旅行とは違い自分で調べることも多くかなりプレッシァーを感じています。


② 最近の検査(1月15日実施)結果では、正常に機能しているとのことでした。


③ についてはよくわかりませんでした。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ここまでのご記載からは、相談者様が呈されている不眠は、病的なものではない印象を受けます。
ドイツ行きのプレッシャーが誘因となって不眠傾向を呈している、というのがもっとも可能性が高いように思われます。

病院を受診するかどうかは、様々な要素を考えて決められるべきでしょう。
不眠に対して安易に睡眠薬が使用されることも、そしてそれが多剤・長期に及ぶことも日本の精神医学の悪弊で、これに対しては厚生労働省が警鐘を発し、これを受けて日本睡眠学会が声明を発表し、ガイドラインを先ごろ発表しました。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

つまり、相談者様が精神科・心療内科を受診されれば、診察医は睡眠薬を処方するでしょうし、それは実際、相談者様の不眠に効くでしょう。
これは本来、望ましくない「治療」ということになります。

しかし、相談者様には、ドイツ行きまでの時間がありません。ドイツに行ってからの時差や更なるプレッシャーの影響も予想されます。
ガイドラインで謳われているような心理療法や環境調整をこの間に行うことは難しいでしょう。

次善の策として、今回、ドイツから帰国されるまでは睡眠薬を服用される方向でお考えになり、精神科・心療内科を受診されて相談されるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問