JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

85歳の母が1月1日17;30。食べた物を吐いた。トイレに行きたいというが、立てなくなったので救急車を呼ぶ。脳、心臓

解決済みの質問:

85歳の母が1月1日17;30。食べた物を吐いた。トイレに行きたいというが、立てなくなったので救急車を呼ぶ。脳、心臓は、血圧、熱も異常ないが、原因は、以前子宮がん、膀胱がんにて、コバルト放射線をした人に多く、腸がふつうの人の3分の1に細くなり、直腸が腫れているウイルスがついているので、抗生剤、ロセフィン点滴したら、熱が39.1度に発汗し、ろれつがまわらず、呼吸困難になり、意識不明となった。Drが、30分後にやっときた。アドレナリンを打って、蘇生、電気ショックをしたが、まにあわず帰らぬ人となった。これは、アナフィラキシーショックでしょうか?

またその処置法は、正かったのでしょうか?ほかの選択肢は、なかったのでしょうか?教えてください。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

こんばんは。猫山と申します。

抗生剤点滴後の「熱が39.1度に発汗し、ろれつがまわらず、呼吸困難になり、意識不明となった」という経過はアナフィラキシーショックと考えて矛盾しません。

 

少し補足情報を下さい。

 

①点滴が始まってどれくらいして異状が生じましたか?

②抗生剤の点滴が始まってから20〜30分の間、医療者による状態観察は行われなかったのでしょうか?

 

③ショックが起きたのは夜間当直時間帯のような、医師が手薄な時間帯だったのですか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 3 年 前.

1 の回答


点滴終了後、15~30分たってからでした。


 


2の回答


Nsがきただけでした。


 


3の回答


1月2日AM2時すぎDrすぐ来ず、


ショックが、起きてからは、Dr(5名)・Ns(5名~6名)も部屋に入りきれないほど、たくさんの見物の方が来ました。


 


蘇生、電気ショックを30分しかしなっかった。まだ息も体温もあるのに、


「脳死の状態で植物人間になるので、処置は、30分以上は、しません。」


とDrは、言ったが、「機械をつけてもいいから続けて、長生きさせて下さい。」とお願いしました。


それでも、さっさとみなさん、帰って行かれた。


お母ちゃんは、ものじゃない!


人間の取扱をしてほしかった。


 


よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

確認ですが、「蘇生、電気ショックを30分しかしなっかった。まだ息も体温もあるのに」という記述には間違いは無いでしょうか?

電気ショック(AED)を行ったということは心臓が停止するか、深刻な不整脈で心停止に近い状態になっている場合です。
その状態でお母様は自発呼吸をしていたのですか?

回答前に、この点だけ確認させてください。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信がありませんので、ここまでの情報で回答させていただきます。

「その処置法は、正かったのでしょうか?」ということですが、抗菌剤(抗生物質)でアナフィラキシーが起きた場合の処置は日本化学療法学会が治療ガイドラインを示しています。
http://www.chemotherapy.or.jp/guideline/hinai_anaphylaxis_gaiyo.pdf
↑↑↑クリックしていただくとガイドラインの概要が開きます↑↑↑

お母様に対して行われたアドレナリンの投与は、ショックで低下した血圧を上昇されるためのもので、「エピネフリン(ボスミン®) → アナフィラキシー初期治療薬」と同じ処置です(エピネフリン=アドレナリンです)。
その後のステロイドや抗ヒスタミン薬投与などの一連の処置が行われなかったのは、既にお母様のアナフィラキシーショックが進行して、心停止(に近い状態)に陥ってしまったからでしょう。
この状態では、どのような「機械をつけても」蘇生は困難であったと思われます。

お母様がお亡くなりになられてしまったのは、ショックが起きた後の処置のためではなく、第一に、アナフィラキシーショックを予防するための対処が不十分であったこと(ガイドラインの「2. アナフィラキシーショックの発現予防のために行わなければならないこと」参照)と、ショック発現後の処置の開始が遅かったためであると考えます。

アナフィラキシーショックは急速に進行しますから、「Drが、30分後にやっときた」時点で治療を開始したのでは既に手遅れだったと思われます。

ショックに対する処置ではなく、ショックを起こさないための努力と、ショックが起きた後の処置の遅れが問題視されるべきです。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

すみません。


カルテ(1/6)開示をお願いしてありますが、もうまもなくあるかと思います。


 


それを見て、再度ご質問させていただきたいので、今しばらく、評価を


 


お待ちください。


 


よろしくお願い申し上げます。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

私は、当初いただいた情報から可能な限りの過不足の無い回答をしたつもりです。

よってこの段階でご評価をいただいて質問を終え、新たな情報に基づくご質問は別途、新しいご質問としてご投稿ください。
新事実が得られる度に質問を重ねられるのでは、いつまでも質疑応答が終わりません。

ご理解を賜れますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問