JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 総合内科専門医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 739
経験:  鳥大医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
76003100
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

現在、秋田県大仙市に住んでいます。昨年の夏ごろより、左手にだるさ

質問者の質問

現在、秋田県大仙市に住んでいます。昨年の夏ごろより、左手にだるさを感じ、10月ごろより 左手の指先に力が入らなく、特にワイシャツのボタン止め、爪を切ることが困難になっています。 また、左手の筋肉(特に手のひら、親指とと人差し指の間、小指側の筋肉)がやせてきた いままで、地元の整形外科受信ご紹介で秋田のX病院(神経内科、整形外科)を受診しましたが 原因が分からず、再度最 初の整形外科に戻されています。インターネットで自分の症状を当てはめると難しい病気の可能性があり、ぜひとも東北大学病院の診察を受けたいと考えています。 また、筋違いと思いますが、 昨日東北大学病院、神経内科に電話して予約をお願いしましたら、紹介状が必要を言われ 明後日、大曲の整形外科の先生より紹介状を書いて貰う予定です。 その後の予約方法も教えて頂ければ幸いです。     秋田県大仙市A B56歳)携帯~XXX-XXXX-XXXX

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

【回答医は、全て、診療の合間に、少しでも、質問者様の役に立てばとの思いで、回答しております。ですので、質問者様も、回答を受け取られましたら、疑問があれば追加質問する、質問終了する際には、評価判定する、という適切な対応をお願い致します。】

はじめまして。

質問の意図が良く分からないので、確認させてください。

相談者様がご自身で自分の症状を調べられ、難しい病気の可能性があると考え、

東北大学病院の整形外科を受診したい。

でも、予約方法が分からないので、教えてほしいということでしょうか?

相談者様が、疑っておられる病気とは、何ですか?

お返事お待ちしております。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

相談者様が、疑っておられる病気は、筋萎縮性側索硬化症ですか?

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

お返事がいただけないようですので、回答してみます。

 

相談者様の状態は、確かに、「筋委縮性側索硬化症」の症状に当てはまる部分が多いように思います。

 

「筋委縮性側索硬化症」は、

左右片方の手指の細かな運動の障害から始まることが多いので、

ワイシャツのボタン止め、爪を切ることが困難という部分が、該当するかと思われます。

 

また、手の筋力の低下や筋肉の委縮も、この病気では、認めます。

特に、親指の付け根や小指の付け根の筋肉の委縮で始まることが多いので、

左手の筋肉(特に手のひら、親指とと人差し指の間、小指側の筋肉)がやせてきた

という部分が、該当するように思います。

 

インターネットで調べられたとありましたので、

おそらく、こういった部分が該当していると考えられ、詳細な検査を求め、東北大学病院の受診を希望されておられるかと思いますが、どうでしょうか?

 

症状が、「筋委縮性側索硬化症」に該当する部分がありますので、

筋委縮性側索硬化症は、進行性の病気でもありますので、

このまま放置するよりは、

東北大学病院で、詳細な検査を受けられることは、良いことと思います。

 

で、質問にありました、もう1つの東北大学病院の予約方法についてですが、

調べて回答します。

 

 

 

 

 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

東北大学病院の予約方法について回答します。

 

東北大学病院では、患者様個人からの予約は受け付けておられず、

かかりつけ医よりの予約制度をとっておられます。

 

大曲の整形外科の先生に紹介状を書いていただくとありましたので、

そちらの先生から、東北大学病院 神経内科に予約を入れていただく必要があります。

予約方法は、東北大学病院のホームページより、大曲の整形外科の先生が予約申込書を入手し、必要事項を記入して、東北大学病院地域医療連携センターにFAXします。

予約が受理されますと、紹介元の大曲の整形外科の先生に東北大学病院より予約票がFAXされます。

大曲の整形外科の先生から紹介状と予約票を受け取り、東北大学病院を受診します。

 

ホームページをみましたら、神経内科初診の場合は、火曜日が筋委縮性側索硬化症の専門医である加藤先生の診療日となっております。

ですので、大曲の整形外科の先生に東北大学病院の予約をお願いする際は、火曜日の加藤先生の診療を希望される旨、お伝えされると良いかと思います。

 

 

内科 についての関連する質問