JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近、左手がだるいのと左頬が頻繁に痙攣します。手に力は入りますが?

解決済みの質問:

最近、左手がだるいのと左頬が頻繁に痙攣します。手に力は入りますが?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①左手のだるさと、左頬の痙攣は同時期に現れるようになったのでしょうか。

②左手は常にだるいのでしょうか。

③左頬は、特にきっかけはなく痙攣するようですか?

④右手や下肢の感覚・運動には異状はないようでしょうか。

⑤持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

左手のだるさは前にもありました。


ほほの痙攣は一か月前位からです


だるさは常にだるい感じです


ほほはきっかけなく痙攣します


右手や下肢は異常ないです


持病は高血圧と頸椎捻挫による後遺症。


先ほど心臓が少し痛くなりました

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑥高血圧は治療によってコントロールされているのでしょうか。平素、血圧はどれくらいですか?

⑦手がだるく、しかし力は入るということは、感覚が鈍くなっているのだと理解してもよろしいですか?

⑧「頸椎捻挫による後遺症」について具体的に教えて下さい。

⑨心臓が痛くなることはよくあるのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

血圧は高い時で90位の150位、普通は80位の130位です。


手の感覚は普通です。


後遺症は肩、首のこりがきついです。心臓が痛くなるのは初めてです。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

頬の症状と左手の症状は、一元的に説明しうるものではないように思われます。
左頬の痙攣は、片側顔面痙攣である可能性が高いでしょう。
http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_topic/topic_48/mdcl_info.html

これに関しては神経内科の受診をお勧めいたします。

左腕のだるさは頸椎からきているのではないかと考えますが、

⑩頸椎捻挫と、左手の症状が現れるようになってのはどちらが先ですか?

⑪手のだるさは、親指側に強いとか、小指側に強いといった傾向がありますか? また、前腕や上腕、肩にはだるさは感じられないでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

頸椎捻挫が先です。腕のだるさは半年前位です。


手のだるさは中指から小指の3本です。


左腕全体でとくに肘から下が特に強いです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

ということであれば、腕のだるさは頸椎捻挫の後遺症の一つとしての感覚障害である可能性が高いと考えます。
感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、第7~第8頸髄神経(C7~C8)に圧迫が加わっている可能性が考えられます(頸髄神経とは、頚椎の間を通って脊髄から上半身、上肢に伸びる神経です)。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg

これは、脊椎・脊髄専門の整形外科が本来の専門診療科ですが、神経内科でも対応が可能です。
左頬の痙攣と併せて、まず神経内科を受診されることをお勧めいたします。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問