JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

11月ぐらいから胃が持たれる感じ12月22日悪寒、胃の周辺が重い下痢吐き気ない熱38.4 25日8.7℃胃が調子悪

解決済みの質問:

11月ぐらいから胃が持たれる感じ12月22日悪寒、胃の周辺が重い下痢吐き気ない熱38.4
25日8.7℃胃が調子悪い食欲なし右そけい部リンパが腫れて痛みあり 、腹膜とか横隔膜のあたりと思いますがずっしりとした痛みがあります。尿が茶色、盲腸したときと症状が似ている。25日医者に自家中毒と言われ点滴と抗生物質などを飲んでいるがあまり改善されないです。白血球が当初11000位が27日8000位になっているそうです。セカンドオピニオンを求めたくお願いいたします.尿からケトンだかアセトン?が出ているそうです。肝臓膵臓は異常なしと言われました。尿に鮮血反応あります。現在おかゆや野菜スープを食べています。よろしくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では、診断に関わるご質問はもっとも回答が難しいもののひとつです。
基本的に、インターネット相談はセカンドオピニオンの代替にはなりませんので、その点はあらかじめご了承ください。

相談者様が呈されている症状の大部分は自家中毒=アセトン血性嘔吐症として説明が可能ですし、比較的典型的な症状が出揃っていると思います。
http://www.yamauchi-iin.com/kaisetu/0414.htm
http://hobab.fc2web.com/sub6-Cyclic_Vomitting.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

もっとも、この病気自体、成人に起こることは稀です。
また、発熱やリンパ節腫脹のような感染徴候、血尿などはアセトン血性嘔吐症では説明がつきません。

少し補足情報を下さい。

①現在、糖分の補給は十分できていますか?

②症状が出始めてから食事量が減少していたでしょうか。

③排尿時痛はありませんか?

④腎臓の機能については何か検査を受けられているでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

すみません遅くなりました回答させていただきます・


1 12月前半頃からに口内炎と胃の調子が悪く、食べてもおいしくなかったです。現在は食欲ががないですが先生の指示により少しでも食べた方がいいと思いおかゆを食べています。今日は朝から昼まで茶碗3杯食べました。


2 食べれなくなったため食事量は大幅に減少しました


3 排尿痛はありません。


4 腎臓の検査は受けていません。


関係ないかもしれませんが12月半ばに頭を強打してたんこぶができました。今はいたくないです。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ケトンやアセトンは、人間がもっとも使いやすいエネルギー減であるブドウ糖が不十分な場合に、脂肪をエネルギーとして用いることで生じる代謝物です。
従いまして、アセトン血性嘔吐症⇒食欲低下(ブドウ糖摂取低下)⇒血中ケトン体・アセトン体増加⇒嘔気……という悪循環が生じてしまします。
現在、消化が良く、ブドウ糖に変化するでんぷんを含んだおかゆを召し上がっていることは回復に対してプラスに働くとは思いますが、もう少し意識してブドウ糖を摂られた方が回復は早くなるでしょう。ポカリスウェットなどのスポーツドリンクを飲まれるのは効果的です。

血尿は、泌尿器関連の臓器のいずれかに問題がある場合に認められます。
原因としては尿路感染症、腎臓の病気、前立腺の病気、膀胱結石や尿管結石などがあり、これらを一つずつ検査していく必要があります。
相談者様の場合、排尿痛や自発痛はありませんから、膀胱炎や結石は否定的です。女性ですから前立腺の病気はありえません。
成人におけるアセトン血性嘔吐症は、感染症を契機に起こることが多いですから、相談者様における発熱や血尿は、尿路感染によるもので、それが引き金になってアセトン血性嘔吐症を二次的にきたした可能性が高いと考えます。

腎臓内科が泌尿器を受診されて腎臓から膀胱にかけての検査を受けられるべきですが、あいにくの年末ですので、症状が悪化しなければ、このまま抗生物質を継続されて経過を見られるのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しいところ、ありがとうございます。詳しくご回答してくださりありがとうございました。申し訳ありません言い忘れていましたが血尿は12月半ば膀胱炎ぎみでしたのでそのせいかなと思いました。すみませんが確認させてください。インターネットなどで調べて見るとこの病気の特徴はは吐き気、嘔吐とありましたので質問させていただきます。これまで嘔吐や吐き気や下痢が一度も無いのに自家中毒(アセトン血性嘔吐症)と診断されることもあるのですか。腹部の痛みやそけい部のリンパと共にケトンやアセトンが出る病気は他には考えられないのでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

「ケトンやアセトンが出る病気」は、前述の通り、ブドウ糖を十分に使えなくなる病気ということになります。
従いまして、尿にケトンやアセトンが出る原因としては、アセトン血性嘔吐症の他にも糖尿病や、低栄養状態などがありえます。

「腹部の痛み」「そけい部のリンパ節腫脹」「ケトンやアセトンの検出」を、ひとつの病気で説明することは難しいと思います。

「胃の周辺が重い」「腹膜とか横隔膜のあたり」の痛み、「盲腸したときと症状が似ている」といった症状からは、腸管の感染症を起こされている可能性が高いと考えます。

実は、最初の「胃の周辺が重い下痢吐き気ない」というご記載を読み違えていたのですが、吐き気がないのであれば、確かにアセトン血性嘔吐症の可能性は低くなると思います。

腸管感染症による食事量の低下⇒低栄養⇒ケトン血症、という経過が考えらえるかもしれません。

腸管感染症は多くの場合ウイルス性ですから、抗生物質は効きません。
体力を出来るだけ維持して自然治癒を待つ必要がありますが、ケトン血症をきたすほどの低栄養状態では体力・抵抗力は低下してしまっていると推察します。
あいにくの年末ですが、救急病院を受診されて、ブドウ糖を含む点滴を受けられてみてはと思います。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問