JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

・脳梗塞後の視力障害に対する改善方法にはどのようなものがございますでしょうか?

解決済みの質問:

・脳梗塞後の視力障害に対する改善方法にはどのようなものがございますでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

後頭葉の脳梗塞による視覚障害は、網膜から得た情報を最終的に画像として認知する部分の障害ですから、眼鏡による視力矯正によって、脳梗塞による視力障害が改善することはありません。
視力を司る脳部位のリハビリは眼を見えるようにするリハビリではなく、見えないことを前提にうまく動いたり、動作の困難さを解消するためのリハビリです。

つまり、脳梗塞によって失なわれた相談者様の視覚は回復しません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答、有り難うございました。


基本的に視力回復はあり得ない事は理解しました。しかし、リハビリに関する「視力を司る脳部位のリハビリは眼を見えるようにするリハビリではなく、・・・」で対してすが、以下の点ご教示くださいませ。


①健全部位が機能喪失した部位の機能をカバ-することは考えられないのでしょうか、そのようなリハビリはあり得ないのでしょうか?


②先生のおっしゃるリハビリとは具体的にどのようなものなのでしょうか?


以上、2点についてご教示ください。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

> ①健全部位が機能喪失した部位の機能をカバ-することは考えられないのでしょうか、そのようなリハビリはあり得ないのでしょうか?

そのようなリハビリテーションは、一部の医療機関で取り組まれています(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
しかしまだその効果に定評はなく、一般的な病院で受けられるリハビリテーションではありません。
http://www.okinawa.med.or.jp/activities/kaiho/kaiho_data/2008/200808/059.html

> ②先生のおっしゃるリハビリとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

視野欠損(相談者様における「視野の左上部の一部に見えない領域が存在」)については、頭部や眼球の動きを工夫して、欠損が無い部位でより多くの視野をカバーするように訓練をします。
これは、リハビリテーション科において、作業療法士の指導のもと行われるリハビリテーションです。

明暗の感覚についてはリハビリテーションの手段は無いと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有り難うございました。


概ね理解いたしました。


最後に、以下の質問の回答をお願いします。


【質問】


私としては、あらゆる可能性を探り、少しでも視力の回復を実現したいところです。したがって、眼科は無関係としても、極度の近視に代表される目の不具合の修復(矯正)を含め、先生に示して頂いた最新のリハビリ等の実施を念頭に、総合的にベストな視力の確保と維持を目的とし他場合に、どのような医療機関に更なる相談をすれば良いでしょうか?


例えば、神経内科の受診、眼科や神経内科を擁する総合病院等、どこを訪ねればいいでしょうか、ご教示くださいませ。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
JustAnswerでは個別の医療機関の推薦・紹介は行っていませんが、脳梗塞後遺症の「最新のリハビリ」に関しては、実施医療機関が限られていますから、お探しして差し上げることはできると思います(ただし、相談者様がそれらの医療機関でのリハビリテーションの対象となりうるかどうかについては保証はしかねます)。

地理的に通院可能な範囲を教えていただけますか?


※眼科との協働で視力回復を行っている医療機関は無いと思います。
必要であれば、脳梗塞のリハビリテーションを行った後に、眼科での視力矯正を行うことになるでしょう。これに関してはご承知置き下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有り難うございます。


地理的には、主に大阪市、東大阪市が良いですが、大阪府下なら通院可能です。


宜しくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

それでは、調べられた限りで、「健全部位が機能喪失した部位の機能をカバ-する」タイプのリハビリテーションを行っている医療機関を以下にお示しいたします。

まず、このリハビリテーションは、前述したようにまだ確立したものではありません。
しかし欧米ではこのタイプのリハビリテーション機器が承認を受けています。
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/358027.html

これとほぼ同じ概念で脳梗塞後の視野欠損のリハビリテーションを行っているのが、促通反復療法(川平法)で一躍有名になった鹿児島大学とその系列の霧島リハビリテーションセンターです。
http://kakunodate-hp.com/6.ogata2013-japan.pdf
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~rehabil/koza/jobs/sensin.html (ページの下方に視野のリハビリテーションについての解説があります)

まず、この促通反復療法(川平法)を行っている医療機関をお示しします。
霧島リハビリテーションセンターのホームページで紹介されている、川平法を行っている「公認施設」です。
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~rehabil/kawahiramethosp.html

残念ながら、関西には奈良県の平成記念病院しか施設はなく、かつこの病院が視野欠損に対するリハビリテーションを行っているかどうかはわかりかねますが、問い合わせをされてみるのがよろしいかと存じます。
http://heisei-h.or.jp/dept/rehabilitation.html

同じように、「健全部位が機能喪失した部位の機能をカバ-する」という理論に基づいてリハビリテーションを行っている医療機関としてはボバーズ記念病院(大阪市城東区)があります。
http://www.omichikai.or.jp/bobath/rehabilitation.htm

また、中山クリニック(大阪市浪速区)の院長がこの件についてマスコミで発言をしていますので、こちらでも何らかの情報が得られるかもしれません。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=27373
http://www.nakayama-clinic.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問